家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/03

ネザーランド

da146ca7.JPG先程エマニュエル宅で3時間ほど寝たので
かなり楽になりました。
7月の半ばからかなり移動続きで疲れも
少々溜まってる感じですが、あと僅か

オランダのアムステルダムに入り2泊
ここは知ってる人も多いでしょうがマリファナや
マジックマッシュルーム等などが合法で店に行けば
簡単に買え、そして笑顔で迎えられます
ただ、今のボクにはもう興味がないので全くする気にもならず
ジャンキー達の中に入ろうとも思わなかったので少々つまらない
ってのが本音
ポルノとドラッグを求めているならここを訪れるべきでしょう!!

さて、レンブレントが生まれて400年
街のいたるところで生誕をアピールする旗が掲げられている
大学の頃にマレーシアを訪れたときだったかな
ある一人の日本人に会い、彼は確か・・日本の伝統工芸的なことに
携わっている人で、曰く
『レンブラントは芸術家ではない』なんて
何故か見ず知らずのボクに熱く語りだした
マレーシアまで行ってそんなことを聞きたくないので適当にながしていたが
今になって彼の言葉が気になったので
気は向かないが博物館へ足を向けた
絵画を愉しむにはある程度の知識がないと難しい
勿論、所謂有名な絵画を実際目にすると他よりもすごいな
なんてことはわかるが何が秀でているのか・・・
だから今はあまり気が進まなかった

レンブラントやフェルメールの作品を鑑賞するなら
アムステルダムよりもハーグにあるマウリッツハウス美術館へ行ってください
ここは名前にもあるようにマウリッツ伯爵の邸宅を今は美術館として
利用していて、日本語のガイドもあるし
こじんまりとしていて鑑賞するにはいいとこです。
フェルメールの絵画も3点展示されているし、・・気が向けば

なぜオランダを訪れようと思ったか
いつ覚えたのかわからないが【遊び心】がオランダにはあるような気がして
来てみた訳だが、アムステルダムの一部を除きボクは
オランダが好きだ
時間があれば面白い自転車なんか探してみたかったし
以前テレビで、自転車のカフェを見たからそれにも乗ってみたかった
でも、その分リートフェルトのシュローダー邸を見学し
彼について少しの理解と好感を持った
同じようにユトレヒトで面白いものを見つけた
街の所々でミフィーを目にするが、ボクの中で少々レア だと思うのは
ミフィーの信号
ユトレヒトではほとんど信号を無視して道路を横断できるので
あまり注意して見てなかったが、一箇所ミフィーの信号機があった
もしかして他にあるのかもしれないが
ボクが見た唯一がそれだ

ん~、そう言えばオランダへ来てオランダの料理を口にしていない・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/99-2bee62f3

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。