家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/18

先斗町

11bbe3c0.jpg昨日静岡から友人が来てくれた
もうなんだかんだ言って10年の付き合い
厳密にいうと最初の就職先での同僚

いつの間にかやめてしまった彼だが
今では浜松北にある某映画館の支配人にまでなってしまった
当たり前といえばそうなんだろうが
友人知人はどんどん社会的地位を上げている
ある程度の役職とある程度の収入

あるいは夢に向かってビジネスパートナーを構築していたり
ボランティアの一環で海外赴任する先生
中にはいまだに新記録を出しているスポーツマンまでいる

なんと素晴らしいことなんだろう

彼も今はとても生き生きとしているし
以前と変わらない心地よさを持っている

『四条に6時』と伝言を残され時間前に電車で向かう
高島屋でちょっと手土産を用意し
ボクは久々に、昔からの喫茶店で時間を待った
【店内での携帯電話の使用はお断りしております】
外の扉にはこのような注意書き
そして、店内にはアンティークの家具にクラッシク音楽
薄水色のワンピースという昭和の装いをした
若い女性店員
かっての昭和のままの
まさにコーヒーを楽しむための空間が用意されていた
注文はシンプルに、コーヒー

昔祖母の家で味わったものと同じ香り
同じ苦味と酸味
ボクの中でこれこそ京都のコーヒーというものだった

最近街にあるカフェ
ざわめく店内にボリューム大の音楽
色んな機械と技巧を凝らした淫らな飲み物
至る所での携帯電話の使用

正直、用もないのにいじったり通話したり
そんな日常に慣れきったボクに
【店内での携帯電話の使用はお断りしております】
新鮮で、ごく当たり前の
周囲への配慮
だった

そんなことを考えていると
斜め向かいのサラリーマン風の男の携帯が鳴る
そして、正面の女性も・・
何かコントを思わせるかのようなタイミング
サラリーマン風の男はそそくさと電話を切ったが
正面の中年女性は電話に手を当てながら遠慮気味に
そして、長々と電話にかじりついていた
老若男女
マナーを守れない人はいるもんだ

流れ的にボクの電話が鳴りそうだったので
会計を済ませて外へ出た瞬間、携帯が鳴った
まさしく彼からだった

ジュージューと焼ける肉

彼のお気に入りのお店
先斗町の奥を西に入ル
鶏の石焼のお店にて食事をした
全て店員が一品一品焼いてくれ
醤油ダレ・梅酢・塩で頂戴する
丁寧なお店ではあったが
エアコンと鉄板の熱で反り返ってしまった
テーブルの天板がどうもボクには気になった

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/9-c11fc315

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。