家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/25

椅子の修理

g 修理

g 修理 2

少し前のお話
家具を納品した際、仕事柄どんな家具を置いていらっしゃるかやはり見てしまいます
そこにも何脚かのイージーチェアがあり少し、気になる部分があったので触ってみると
椅子が、グラグラになっていました

以前からその状態だったそうなのですが、どうして良いのかもわからず応急処置を施されてました
置いてあるだけで使えない・・・では椅子として意味がないので
お客様にお願いして持ち帰らせて頂きました


国内の有名メーカーの椅子だったのですが
実は使ってある材料が『合板』でした
下の写真をご覧頂くとわかりますか?
縦に層になっていますが、一般の方はよく誤解されますが年輪ではなく
合板の各層です
g 修理 3

層の間に隙間ができ、そこに椅子の前後左右の移動による力で下から亀裂が入り
椅子の脚がバラバラになってしまっていました

一般に合板をつくる際の接着剤はあまり良いものを使っていないので耐久性もありません

その亀裂部分に耐久性の高い接着剤を注入し、接着
余分な接着剤を取り除き、磨き、着色したのが下の写真

g 修理 4


g 修理 5

脚元がぐらついた分負担がかかってしまったのが、背と肘掛けの接合部分
全てが合板で出来ているのでやはり弱いためこの部分も見事に分解
中にはビスケットといって、楕円形の木のパーツがはいっており
そのビスケットを利用して肘掛けと背を接合してありました

部材を変える方が強度的に強いのですが、ここはそのまま再接着
塗装を部分的に取り除き、接着後磨いて着色

月日が流れているのでだいぶアンティークな感じになっているので多少のムラを残すような感じで
着色し、ラッカーで仕上げました

g 修理

合板は木質繊維同士がほとんど繋がってないので動きが少ないかわりに
接着剤が鍵
となります
接着剤の耐久性が弱いと、各合板同士がバラバラになってしまいます

だいたい合板に使われている接着剤の耐用年数は10年(合板の種類にもよります)といわれます

なので、お求めになる際は生活スタイルと相談して選んでみてください

もちろん、『万能で永久』のものはありません

///////////////////////////////////////////////

CABINETMAKER bond 個展

6/23~30 神奈川県 鎌倉『一翠堂』  鎌倉市小町2-8-35 0467-22-3769(TEL)
                  

CABINETMAKER bond
オーダーメイド、デザイン家具の制作販売
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
075-332-7335


atelier bond (住宅・店舗のデザイン、リノベーション)
京都府向日市寺戸町新田3
075-922-0527
http://abond.exblog.jp/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/519-7923ed31

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。