家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/29

魅惑のブルッセル

歴史の裏通りを歩くようで
とても愉しいブルッセルにも
時を忘れる時間がある

夕暮れを求め、路面電車で街を右往左往し
結局地平線に沈む太陽にサヨナラをすることが出来ず
丘を降りていく
自分がどこにいるのか見失うほど歩いていると
昼間の椅子の場所に戻ってきた
たかれるストロボと韓国人の奇声に満ちた歓声
いわばブルッセルの夜景スポットなのだろうか
人に混じり1度シャッターをきる
ブルッセル 夜空



ボクは不満を漏らす
そしてさらに丘をおりて宿へ向かう帰り道
路地を通り抜け市庁舎前へやってくる
四方を古い建物で囲まれたその広場では

ブルッセル 市庁舎

30分ほどのライトアップが行われ
暫し旅の疲れたココロを癒す
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/5-af28401d

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。