家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/28

古い箪笥 ~金具~

今日も古い箪笥を直してます

このブログを読んでいただいてる方ももしかして・・・
誰かから譲り受けた古い箪笥をお持ちかもしれませんので・・・

家具を直す立場のボクからお願いです

古い家具には結構金物が付いています
鉄や真鍮、銅などの金物が引き手や兆番、鍵などに使われています

例えば

金具

今直している古い箪笥の引き手部分の金具です

昔の金物は味わいがあって、温かみがありますね
作りもシンプルで、・・・その分壊れやすい・・・・でも、直しやすいです

しかし!!!

金具 2

先ほどの金具と比べてみてください
四方に丸いモノが4つありますね

引き出しですから、衣服等を取り出す際必ず引いて引き出しを出さなければいけません
一日1回、1年で365回、10年で・・・・
と使用頻度が増えていくと

金具 3

金具の裏側の部分です
金具から伸びた2つのものを引き出しに開けた穴に通して引っ掛ける構造になってますが

金具 4

拡大写真です

突き出した薄い板状の付け根の部分
ここはハンダでつけているだけなので10年も使うと・・・3650回
どうしてもハンダの部分に負荷がかかって、壊れてしまうんです
(10年だとは限りません・・・)

で、金物がぐらぐらになり・・・

金具 2

このように、金物の端の4箇所を釘うちしてしまうんです
つまり、応急処置として・・・

しかし!!!!

それをしてしまうと、綺麗に直せなくなるんです

【箪笥の洗い】といいますが、
金物をはずして、字の通り水洗いをして汚れを落とし、削ったり研磨したりして
古くなった家具を綺麗に直すことをいいますが、

釘うちされた金具をはずすと

金具 5

どうしても・・・写真のようにボコボコになります
まあ、ボクらはそれを出来る限り元通りに直すわけですが・・・

金具のぐらつきがでた場合
 
×釘でうってとりあえず固定する×
○金具を取り替える○

長く、しかも綺麗に使おうと思ったら、必ず金具がおかしくなった時点で見てもらうか
取り替えることをお勧めします
特に、古い金具の家具は釘うちをしないでください


ちなみに

家具修理 5

金具 6

この部分も壊れやすい箇所です

どうして壊れるかというと

金具 7

中央部分のバネが錆びたりして硬くなり、切れてしまうんです
そうなると、扉を閉めても、カチッっていわず閉まっているのかわからない状態になります

最近の金物は、色んな箇所を修正して開発されているので
昔のものに比べて壊れにくいかと思いますが・・・
古い家具をお持ちの皆さんはどうぞ
ココロに留めて置いてください

あくまでも、釘で留めないでください


これらは、何とか綺麗に直しますけどね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/353-b3bd4ec1

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。