家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/04

スタイル

ゴールデンウィークを皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
旅行?バーベキュー?ショッピング?
怪我、事故、病気のなく愉しんでください

ボクは通常と変わらず仕事をしています

昨晩は久しぶりに訓練校時代の友人と『家具創り』について語り合ってました

職人にも色々ありますが、料理人や美容師さんは結構他の店舗の方々と
講習を受けたり、交流したりと横のネットワークが広く切磋琢磨していらっしゃいますが
ボクら家具職人はどちらかというと、横のネットワークはおろか縦のネットワークにも
乏しいような気がして・・・かなり狭い範囲で仕事をしているように感じます


昨日は、仕口(板同士の接合方法)から始まって、鉋仕上げとペーパー仕上げ、
または塗装方法などを話あっていました

デザインと工作方法の狭間で最良だと思うやり方で家具をつくるわけですが
職人の数だけ家具の種類があると思っています

材料の配置、板のはぎ合わせ、木表・木裏、接合方法、接着と圧締方法と時間
どんな材料と接着剤と塗料を使用するかによって
同じ椅子でも全く違う印象を持つ椅子へと変化します

もちろん、同じモノを使用しても2人の職人が作ると2種類の椅子になってしまいます

ある人のやり方が正しいとは思いませんし、また間違いだとも思いません
なぜなら、ボクと他の職人さんのやり方や考え方が違うからです

ボクのやり方を他の人に当てはめても、恐らくいい結果はでないでしょう
もちろん、逆もそうです

其々の生活スタイル、座り方が違うように
ボクら職人が創る家具の創り方も違います
だから、自分の枠にはめてあのやり方が間違っているとはいい難いのです

なぜなら、みんな真実を求めて、最良だと思うやり方で家具を創っているからです

鉋のかけ方、ペーパーのかけ方、塗装の方法

それぞれです

それが、家具の個性であり、職人のスタイルだとおもいます
職人のスタイルが家具の魅力になるんでしょうか

もっとボクら家具職人が交流して、お互いの技術の向上につながればと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/344-cfdf5362

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。