家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/09

アイノカタチ

cb5be444.JPG 季節の移ろいは人の心を掻き乱す
終わりの時期から始まりの時を向かえ
誰の心にも波紋が広がっている

 そう、ボクの心にも

ようやく完成したスツールを届けに向かった
忙しい時期注文をいただいたから
もうあれから2ヶ月が過ぎてしまった
受賞式からそんなに過ぎてしまったのかと思うほど
ボクの横を時が通過する
 
 『孫へのプレゼントに』
誕生日でも、何かの記念日というわけでもないが
カワイイので・・・

誰のために創ったわけでもないし
何を想って創ったわけでもない
でも、誰かが誰かのためにあのスツールを買ってくれる
有り難いことだ、ホントに

で、届けてすぐに柏屋のレストランで昼食を頂いた
春が来る
それは命の息吹
たらの芽、筍、桜餅
春の三大好物
桜餅もたらの芽ももうなかったけど季節の昼食を頂いた
相変わらず、顔のひろい方だ
誰かが通ると挨拶をしていらっしゃる

年齢差・・およそ40歳

今から40年前はどんな時代だったんだろうか・・・・
他愛もない事を考えていた

隣の、元蔵で藍染展が開催されていた
そう、先生だから
この辺じゃみんな知ってる
何がそうさせたんだろう・・なんて運命の悪戯に感謝したい

藍について少しわかった
藍染について深さを知った
自然と向き合う難しさと愉しさ
心と自然との格闘が作品に光を宿す
薄いアイの色、深いアイの色
生きている限り人にも色が増えている
限りなく白に近いべずみ色、或いは黒に近い白なのか
今なら桜色がいいかな

二度と再現できない色

気温の変化、天候、湿度、産地 そしてそして
たとえ同じ場所で同じソファに座りあのコーヒーを飲んでも
きっとあのときの感情は二度と味わえない
だから・・いい色
思い出の色がある
それはDNAに含まれていた訳でもない
もっとリアルな感覚

切り抜かれたカタ
塗られた糊を避けるように重ねられるアイ
次第に深まっていく色
アイといっても現しきれない多くの色にしばし立ち止まった
弱いアイ、強いアイの色
それもやはりカタが違えば好きな色も嫌いに見える

なるほど、全ては連関す


ボクのスツールがまた飛んでいった
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sudori.blog82.fc2.com/tb.php/128-75c79567

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。