家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/28

福山の個展

7月27日のレセプションを終えついに始まりました

思えば昨年の倉敷の軒下クラフト展でお会いし
アイスクリームスプーンやhotelなどの小物だけの展示から
5月に個展のお話しを頂きました

初の個展でしかもギャラリーの杮落とし
ご招待頂いた時、ホントに大きな夢を感じました

オープニングイベントの個展とあって、どのような個展に仕上げていっていいのか
20坪ほどのスペースをいただいていたので、このような広いスペースを
どのように配置すればいいのか、徐々に不安が押し寄せてきた

迫る日程と進まない準備

どうしようもないこの状況
一人でやっててもなかなか進まない
苛立ち

挑戦することに大きな意味があるのはわかってみても
現実は果てしなく遠いlong road

苛立つ自分と励ます自分
この小さな工房でどうあがいても一人
マイナスに作用するのも、プラスに作用するのも分かってきたとき
信じるものが見えてきた

『どうしてキャビネットメーカーボンドをオープニングの個展にご招待いただけたのか?』

ボンドさんが創る独創的な商品と、国産材を使った家具づくり、環境への配慮、
考え方に非常に共感できたからです ・・』

過ぎていく時間はどうしようもない
止めたいと願っても平等に過ぎていく
ボクがしなければいけないことは、出来る限りのことをする
どこまで出来るかわからなくても、やるだけの事はやる


夜中ギリギリまで工房で粘ってみた
おとなりさんには大変申し訳なかったが
出発ギリギリまでキャビネットと格闘し、カタチにすることが出来ました

個展 4

個展 5

個展 3

個展


個展 2


搬入を終え、IMAGAWAYAの方々と初めて、ゆっくりとお話しをすることができました
 
『福山は、広島市と比べても他の所と比べても、アートがないんです。
ボクは福山から新たなアートを発信したいんです。
ギャラリーの一発目の個展はやっぱり、ボンドさんしか浮かばなかったんです。』


ボンドさんしか浮かばなかった・・・

求められた想いに応えられる個展にしたいです

8月30日まで

IMAGAWAYA 2Fギャラリー
広島県福山市北吉津町3-22-30
084-982-5721
開催時間 12:00-19:00
定休日 水曜日

----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド 【家具部門】〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com

デザイン全般・新築・リノベーションに関しては
アトリエボンド【建築・デザイン】まで

スポンサーサイト
2009/07/27

IMAGAWAYA オープン

広島県福山市に新しいcafeがオープンしました
”IMAGAWAYA”

ボクと同い年のオシャレでかっこいいオーナーが福山から発信するアートなcafe
こだわりのインテリアに囲まれてモーニングやランチをいただけるお店
イタリアンやフレンチを経験したオーナーが創りだす創作料理
夜にはオシャレに、カッコよく、美味しいお酒を愉しみたい
気の合う仲間と、気の利いたもてなし

福山市にはなかったテイストのオシャレなcafe ”IMAGAWAYA”
暑い夏にクールにかっこよくお酒を愉しみませんか

imagawaya.jpg

imagawaya  2

2009/07/25

広島県福山市 個展

やっていみないとわからないことはたくさんある

やってみてよーく分かったが、・・・もっと・・・っていう何とかの念てのもある

やってみて、自分のレベルが良く分かった


さて、これから車で広島県福山市の個展会場へ搬入してきます
もう、すぐなんですね・・
2009/07/22

皆既日食

見上げる人々
向かいの人も隣の人も
仕事の合間に空を見上げる

歩行者も時には、車を止めるドライバーも

ボクには見上げる理由がわからなかったが
見上げてみると、・・・少し納得

それまで見たいと騒いでいたのに
ちょっぴりココロのゆとりがあれば、きっと感動できただろう

35年後は見ているんだろうか・・
2009/07/21

着信

気になっていた
メールにも携帯にも足跡がつかない

Delete>みたいに簡単に消えない記憶のキーボードを押してみても
脳がフリーズをかましている

消してみようと思うことは消えないで欲しいと思う脳の反抗
再度ボクは
Deleteしようと・・・

4年前の贈り物を紐解く


運命が本当にあるならば一度は信じてみよう
果たしてそれが
良いものなのか悪いものなのか誰にもわからない
 
でも
ボクは
この運命を両手を広げて受け止めよう
あれは偶然ではなく将に必然だったから
神なるものの導きならば
ボクは 感謝しよう

そして改めて言おう
アリガトウ


それぞれの道が決して交差することがないと思っていたとき
ふたたび・・・引き寄せた



現世の関係はよく、前世の繋がりがそのまま起こっているというけれど
ボクも、きっとそうだと感じてしまう
宗教でもなく、やんでいるのでもなく
そう感じる関係が、不思議とある

初めて会ったけど、初めてな感じがしない・・・

運命は時に離れ、再び近づく
それが人と人のタイミングなんだと思う
2009/07/19

闇のなか

日本人の大半が寝静まった今
なぜか、ブログと向き合ってしまった

しばらくこんな生活が続いてる


闇は、創造を掻き立てる
闇は、ココロを惑わさない
静かな時の流れの中に
動く、生き物の言霊

自然と向き合うには最高のとき

ボクの一番好きな富士山は
実は
夜の富士

東名高速道路を西へ向かっていたあのとき
闇をも脅かすその存在
神々しい富士の姿に
ボクはココロを置いてきてしまった

京都の闇もまた
後ろ髪をひかれる想いで眠れない
2009/07/18

国産材のパソコンデスク

re PCデスク 2

木目が綺麗な栓
北海道の足寄地区の山から切り出された栓の木は
山によっても木目や硬さ・木の香りも違いますが、白い肌が綺麗な木です
なぜか、ボクは栓の木が好きです

確かに少し柔らかめで表面仕上げは難しい材料ですが上品で、かつ力強い木目は
白木文化の日本における、広葉樹の【THE 日本の木】といった印象です
国産ならでは、日本人のココロにしっくりくる木です 

よく無垢の木は傷もつくし汚れるから・・・という相談を受けますが
ボクにとってみれば・・・嬉しい悩みだな~って思います
汚れ、傷が気になるから化学系のウレタン塗装等で表面をガチガチに固めちゃいますが
紫外線や傷を受けることで、10年もすればウレタン塗装等ははがれ、汚くなります

 【美意識】  に書いたように、其々の美意識は違いますが
【汚い意識】も違うんでしょうが・・・

自然系の塗料で仕上げたときの傷や汚れは・・・汚いのではなく・・・重みに変化するような気がします
人の重みと同じですね
20代には20代のカッコよさ
40・50代にはそれ相応のカッコよさがありますね

この栓という木なんですが、ボクはオイル塗装よりもソープフィニッシュのほうが好きなんですが
一般の方はやはり実用的ではないみたいでオイル塗装にさせていただいてます

パソコンデスク 国産材の栓を使った無垢のパソコンデスク オイル塗装を施しています

栓の木には、上品さが備わっているのでシンプルに仕上げたいと思います
どんな木にもそれなりの良さがあり、引き出してあげたい特徴もあります
同じ木でも印象は違うので、この栓の木目と色は生かしてあげたい
 
引き出しの引き手は、口板を欠きこんでいます
正面から見た印象がシンプルでいい感じです

パソコンデスク 国産材の栓で創ったパソコンデスク 奥行き60センチあるので作業効率もアップ

引き出し部分はスライドレールをとりつけてあります
またまた、ボク自身はなしのほうが好きなんですけど、やっぱり一般の方の実用性を優先しています
なぜボクはスライドレールがない方がいいかというと
あの木と木が擦れる感覚が好きなんです
そんなに強い抵抗力はありませんが、なんか感覚が好きですね

パソコンデスク 北海道の栓の無垢材を使用した奥行き、引き出しもたっぶりのパソコンデスク

シンプルなつくりにしていますが、伝統的なホゾ組みや蟻組を併用しています
ビス留めは非常に簡単ですが、壊れやすいし、やはり木と木の相性にはかないません
メンテナンスや修理をするときもやはり木組みを用いるほうが、直しやすいです

シンプルなお部屋にしたい方には、この国産の栓のパソコンデスクをお勧めしたいですね
長く使いたいものなら、飽きのこないシンプルなデザインとシンプルな木目の栓の木の
パソコンデスクをお勧めします


----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド 【家具部門】〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com

デザイン全般・新築・リノベーションに関しては
アトリエボンド【建築・デザイン】まで
2009/07/16

祇園さん

京都の夏がやってきました
毎年のように雨が降るこの時期ですが
明日は・・晴れるんでしょうか・・

祇園祭

宵山・宵宵山はたまに行きますが山鉾巡航はほとんど見たことがないですね
とはいっても
宵山に行ったところであまり鉾を良く見たことがないので残念です

昨日の宵宵山もたくさんの人々が四条烏丸界隈をあるいていらっしゃいました
最近浴衣姿の人が増えてきましたね
風情があって、やはり日本人だから浴衣姿にはココロなびいてしまいます

京の夏 2


祇園祭の山鉾は32基ありますが・・・
ボクが目にするのはいつも烏丸の大丸前付近に陣取っている薙刀鉾ばかりで
重要文化財に指定されているはずの他の鉾6基、山22基は・・・
見た記憶がありません

純粋に見に行ったことがなく、いつも人との待ち合わせ
夕方から夜遅くまで話しをして、出る頃には終電

なんと寂しい祇園祭なのかと毎回反省してます

明日の巡航は・・・個展の準備におわれててそんな時間がないので
ぜひ来年は、ゆっくりと拝見したいです


京の夏
2009/07/15

個展のご案内

個展

個展 2

個展のご案内です

7月27日の月曜日より8月30日の日曜日までのやく1ヶ月
広島県福山市の福山城の北に新規オープンするCafe IMAGAWAYAさんの
2Fギャラリーにて個展をさせていただくことになりました

昨年の10月、岡山県倉敷市の軒下クラフト展に出展したときお会いした方から
ご招待を頂き、光栄なことにギャラリーのオープニングを飾らせていただきます

個展開催期間中の土曜、日曜日は福山のギャラリーIMAGAWAYAに在中しています
またお盆はまだ未定ですが、決まり次第後報告いたします

広島にお住まいの方々、また近隣にお住まいの方々は是非来てください
また遠方からもお越しくださいね

フライヤーをお持ちの方で一度限りですが、今回のみ全商品5%オフでお求めいただけます
ホントに今回のみです

ボクの知人友人には送らせていただきますが、フライヤーが欲しい!!という方は
メールを頂きますようよろしくお願いいたします


----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド 【家具部門】
〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com

デザイン全般・新築・リノベーションに関しては
アトリエボンド【建築・デザイン】まで

2009/07/13

小さな世界

梅雨が終わりに近づき、暑さには参りますが
青い空を見るたびに気持ちが良くなっていきます

冬から春、そして梅雨の時期を終えると生き物はますます
活発に動き出しますね

近年、ミツバチがいなくなっているという話しをよく聞くようになったので
注意して思い起こしてみると、ホント、近年見た記憶がない
まして、年齢を重ねていくと昆虫を目にする機会がドンドン減っているように感じます

静岡の家具屋さんでお世話になっていたときに創った子供用の『てんとう虫スツール
これを創ったときも同じようなことを言っていた
たまたま昼寝をしていたボクの横にやってきたてんとう虫・・・・それが始まりでした

天気がいい日は外でご飯を食べるようにしてして、太陽や空と雲の交わりや
植物を観察したりして、出来るだけのんびり昼食の時間を愉しむようにしています
最近目に留まるのは、【だんご虫】
昔は良く触って転がして遊んでましたが、じーっと観察してると面白いです
小石の周りをぐるぐると回って何を探しているのか・・・
繰り返し繰り返し同じことばかりをしている・・・・なんだろう・・

【そんな光景を見てると、だんご虫が虚しく見えてしまいました】
・・・・
なるほど

最近仕事のことや人間関係で悩んでる方って結構多いように感じるんですが
一歩・・二歩距離をおいて鑑みると、悩んでいる姿が【だんご虫】に見えてくる

かれら【だんご虫】にとってはボクらの小石も、大きな岩に見えるはず
つまり、ボクの悩みとか不安とか、現実を取り囲むマイナス要素って
自分よりも優れた人からすると、【だんご虫】にしか見えないんでしょうね
(べつにだんご虫を卑下してるわけではなく例えです・・)

小さな世界で考えているとその世界しか見えませんが、大きな世界から
小さな世界を眺めていると、悩んでいることも悲しんでいることも
全て些細なことにしかみえないんだな
~って

漠然と物を観察するだけで、違う見え方や考え方ができるんだなって
改めて感じました
今、あくせく家具を創っていることも
振り返ればきっといい経験ですし、きっと大したことじゃなかったって感じると思います


ただ、別の見方をすれば・・・
小さな世界で生きるだんご虫、きっと害虫扱いでしょうが彼らが絶滅すると
世界が変わってしまうでしょう
盛んに叫ばれるミツバチの絶滅
多くの植物の受粉を助ける彼らの存在が消えると、劇的に世界は変わるでしょう

もし悩みくるしんでるあなたが・・・
やっぱり周りの皆が困るでしょう

悩んでることは小ささくても、それぞれの存在はおっきいんじゃないかと思います


観察するって、面白い

2009/07/11

ザ・ラスト 家具工芸科

京都府福知山市の高等技術専門校の家具工芸科
今年度をもって、廃科
今後再編される予定ではありますが・・・家具工芸科は今年度限り
これから家具の勉強をする方々は、大学やたくさんの授業料を払って専門の家具の学校へ行くんでしょう・・

今年度の福知山家具工芸科の訓練生キャビネットメーカーボンドの工房へ遊びに来てくれました

きっかけは、このブログを通してご連絡をいただき
まだまだ見せる環境や技術も語る知識もないのでお断りしようかとも思いましたが
これも何かのご縁なので、来ていただく運びとなりました

来てくださったのは男の子3人
明るくて、非常に礼儀正しい訓練生でした

『訓練校でもっとしておけばよかった事・・・』 いきなりドッキっとするような質問でした
当時はバイトをし、祖母の家の畑で野菜を作ったりしながらだったので
他の訓練生と比べ少し多忙でしたので、頭の中が全て家具!!ということもなく
また、今回の訓練生のように
修了生の工房見学なんて考えてもいなかったので
せっかのく家具づくりだけの時間に専念できなかったことでしょうか?

彼らもまだまだ漠然と家具づくりをしたいと考えていらっしゃいましたが
自分なりに、言葉を選びながら・・選択肢を多くし、振り返らないでもいいような家具職人
なっていただけるよう、意見を言わせていただきました

1時間半という短い時間しか対応できませんでしたが、当時の自分と彼らを照らし合わせ
少なくとも自分よりも有意義に、いい機会に恵まれながら家具作りをしてもらえればと思います

楽しみにしています
いい刺激を頂きありがとうございました



そして・・・嬉しい差し入れを頂きました
ザ・ラスト

ザ・ラスト 2

京都の北区にある焼き菓子と野菜惣菜のお店 ズーセス・ヴェゲトゥスのバームクーヘン
素材にも製法、包装にもこだわったお店の焼き菓子です
そんなこだわりのあるお店のものを頂けるとは・・にくい心意気です

パッケージには 『太陽と水と土に感謝』 と記されています
家具作りも 『太陽と水と土と木と・・・全てに感謝』 です

すっきりと甘さ控えめのバームクーヘンでしたので、ほろ苦スッキリのグァテマラSHBと一緒に
いただきました・・・

ありがとうございます


2009/07/08

言葉のチカラ スタバの原則

コーヒー


最近【忙しい】を理由にコーヒーを飲む機会がへっていましたが
いろんな方からコーヒー豆を頂いて再びドリップを愉しんでいます
コーヒー豆をプレゼントしてくださった方々、ありがとうございます

コーヒー豆を挽いてペーパードリップをするようになりもう2年
温度は適当ですが、ようやく自分好みの味が出せるようになってきたせいで
外で飲むコーヒーに満足できなくなってきました

なので、外で飲むときはごまかし系のドリンクを注文するようにしています

今は【忙しいから・・・】という理由を言わないようにし、出来ることは
出来るだけ早くしようと思うようになりつつ??あります

久しぶりに本屋さんへ行き眼に留まった本がこれ↓

スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則
(2009/01/23)
ハワード・ビーハージャネット・ゴールドシュタイン

商品詳細を見る


コーヒーの好みは味覚によって大きく左右されますが
人生や仕事における原則はあまり違わない
なぜなら、『私達はみな人間』という原則の下に社会が成り立っているから

経営における原則は、つまり個人における原則と同じである
信念、信頼、責任、行動・・そして夢
ハワード・ビーハーが培ってきた原則と、彼のお気に入りの言葉を掲載しながら
スターバックスの軌跡を記しています

本の中で印象に残った言葉を一つ

『人生の最良の使い方は、自分より長く残るもののために使うことである』 ―ウィリアム・ジェームス

家具創りをはじめ、全てに当てはまる言葉です

----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド(アトリエボンド・家具部門)
〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com
2009/07/06

塗料にこだわる

プラネットセミナー


家具塗装はかかせない

塗装を施さなくても家具として成り立ちますが、紫外線や水などから家具を守るには
何らかの塗装を施しておいたほうがいいでしょう

自然塗料という名の塗料は日本だけでも相当数あります
代表的な油で言うと、亜麻仁油、桐油、荏油
他には蜜蝋と呼ばれる蜂蜜から採れる塗料自然塗料です

自然塗料といっても純粋に自然のものだけで作られた塗料はほとんどありません

上記の油は乾性油と呼ばれ、オリーブオイルや椿油・菜種油等々食用油のように
不乾性油といわれるものに比べ時間が経てば乾燥していきます
しかし、そのままの状態ではとてもじゃないけど家具に塗って乾燥するまでに時間がかかり
効率で言うと、非常~に悪い

ということで、・・・なんらかの硬化促進剤を何パーセントか加えています
硬化促進剤とは、つまり!石油や何らかの化学物質・化学変化によって乾燥の速度を早める
自然とは言いがたい物質を加えています

仕事をする上で、合理性を追究しなければいけませんが
石油や化学物質は言うまでもなく、体と環境には良くない!!
乾燥すればある程度 揮発 するので安全といわれてますが
創っているボクらにとっては  でしかありません

そんな訳で、ボクらにとっても害のない塗料を探して行き着いたのが
プラネットカラーの塗料です

この1年間プラネットカラーの塗料を使ってきましたが、その理解を深めたかったので
プラネットカラー主催の塗料セミナーに参加してきました

実は最初の写真はそのセミナーで見せていただいた、カイワレ大根です

プラネットセミナー

3種類のシャーレーがありますが・・・
このシャーレーの下には其々塗料が塗られています

左 : 油性塗料(一般的な自然塗料
中 : 水性塗料
右 : プラネットカラーの塗料

見ていただくと、同じ時期に栽培を始めましたがこれだけ生育に違いがあります
環境等全て同じ条件ですが
自然といってもこれだけの差が出るということは、ちょっと怖いですね


今回のセミナーでは、ドイツの製造元の方が2名来られ
じきじきに会社の説明から、塗料のこだわりを教えていただきました
塗料に含まれる成分を自分の目で確かめることが出来
使っている塗料に関して、本当に自然界のものを使って
化学変化等の処理を加えずに、粉砕と攪拌のみで作られた塗料であると確認

その後、コーヒーを飲みながらMichaelとWiebkeと直接話しをさせていただき
さらに、プラネットカラーの社長をはじめ社員の方々とお食事をしながら色んな話しをさせていただきました

自分で選んだ塗料なので、もっともっと理解を深め
その良さを引き出していきたいと思います

----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド(アトリエボンド・家具部門)
〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com
2009/07/04

サプライズ

季節の移り変わりにココロが踊りだしています

阪急河原町で電車を降りて地上へ向かう階段から
コンチキチン♪が響いてきました
四条通はすっかり祇園祭への準備を始めていました
もうこんなに時が過ぎてしまったのかと・・1年を振り返りました

梅雨を通り越して夏を迎えた京都
1ヶ月前に切った髪の毛ももうボサボサ
暑い作業場では少々うっとおしい存在となってしまったので髪を切ってもらいに
麩屋町三条下ル【美容室ボンド】へ行って来ました

もう美容師の西田さんとは10年以上のお付き合い
カットチェアに座り『今日はどうされますか?』と聞かれても、ずっと
『全てお任せで・・・』と一切要望は言わずにカットとカラーをしてもらっています
それ以外言ったことがないと思います

もう絶対的な信頼ですね
プラス、美容師の西田さんの感性を愉しんでもいます

と・・・スタッフから
『1周年おめでとうございます!!』
そしてまた、
『1周年おめでとうございます!!!』

顔を合わせるたびに、おめでとう!と声をかけていただき少々恥ずかしくもありましたが
そんな気持ちをとても嬉しく、誇りを持って頂戴しました

1年継続することは大変なことだと思います
もちろん、さらにもう1年
そして・・・5年、10年
1年を経験することで、ようやく3年への一歩が踏み出せた感です
まだまだですけどね

さらにスタッフから・・・
お祝いということで、ココロのこもったヘッドスパをしていただきました
最近使わない頭をフル回転させていることが多いので、脳が疲れていましたが
丁寧なマッサージをしていただいたおかげで、モヤモヤと頭上を覆っていたものがなくなり
ココロと頭のリフレッシュをすることができました


サロンも忙しく、ボクもその後待ち合わせがあったので足早に去ろうとすると・・・
西田さんより素敵なお花のプレゼントを頂きました
よくボクのことを知っていただいてるので、嬉しい気持ちはもちろんですが
とても重みのある綺麗な華でした

美容室ボンドのみなさん、・・ありがとうございました

ハナ


2009/07/01

キャビネットメーカーボンド 1周年

1周年

キャビネットメーカーボンドの歴史にようやく1年が刻まれました
多くの方々に支えられ、そして多くの方々の家具を創らせていただきました

まだまだ2年目です
まだまだ修行中です
真面目に、愉しく、木の命と向き合っていきたいと思います

これからもキャビネットメーカーボンドをよろしくお願いいたします
ありがとうございます

----------------------------------------------------------------------------

国産材の優しい家具
オーダーメイドの家具
快適な空間創りの提案
古い家具の修理・リメイク

京都で家具と木のプロダクトを製作する
キャビネットメーカーボンド(アトリエボンド・家具部門)
〒610-1121 
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
TEL&FAX 075-332-7335
cabinetmaker.bond@gmail.com

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。