家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/08/31

自然からの頂き物

イチジク 1

先日作業場の近所の方からいっぱいのイチジクを頂きました
引越しをされた時、一緒にイチジクの苗も持ってこられ
接木をして育てた結果、毎年一杯のイチジクの実がなるそうです

そのままにしてても、鳥が食べるか道路に落ちるか
ということで夏の終わりの恵みを一緒に収穫し
こんなに一杯頂いたんです

早速近所のスーパーで赤ワインを購入
国産の無添加ワイン、この場合安いので十分

イチジク 2

鍋一杯にイチジクと赤ワインを注ぎこみ
弱火で30分
少しの甘みと香り付けに国産のレンゲ蜂蜜を
灰汁は取っておいたほうがいいですね

イチジク3

イチジクの原産地はアラビア南部といわれてますが
ヨルダン渓谷にある約1万1400年前の遺跡から野生種ではない
イチジクの実が発掘されました
イチジクの繁殖には人間の手が必要であることから、
当時の人々が食用に栽培を始めたのではないかといわれてるそうです

イチジクは比較的多くカリウムを含んでいて、
カリウムは血圧を下げる効果があるので、高血圧や動脈硬化などの防止
脳梗塞予防、心筋梗塞予防などさまざまな面で健康食品として重宝されてますが
女性には必見! ペクチン等の食物繊維も多いようで、お通じが良くなりますね

また、フィシンというタンパク質分解酵素が含まれているので
食後のデザートとして食べれば消化を促進してくれるみたいです

以前はヨーグルトと一緒に食べてましたが・・・・
どんなデザートを考えようか、と悩んでます

イチジクは本当に健康面でいいことばかりです
美味しく食べましょう


ちなみに、イチジクの花は果実の中の赤い粒だそうです・・
ビックリです

スポンサーサイト
2008/08/31

ココロのつながり

今日という日に改めて感謝したいです


昼ボクの携帯がなり懐かしい声がきこえてきました
『今からそっち行くけど、暇?』
重い体にムチ打って製作中のものを完成させないと・・と思い
気合を入れて工房にやってきたんですが
ココロが動き仕事どころではなくなりました

このブログにもリンクをはらせてもらっている Be My Ohana の管理人
彼とはとても不思議な関係で、金沢の小学校で1年一緒のクラスだった友達
それからボクが京都に転校、その後は年賀状jのやり取りのみ
20歳過ぎに一度ハワイに会いに行き、それからもう10年は経つが
彼と会ったのは今日で4回目
体格は似ているけど、彼は素晴らしい成績を収めている平泳ぎのスイマーであり
スポーツ万能、ついでに歌が上手い?
逆にボクはゼンゼンスポーツもしないし・・・歌もうまくないし・・
お互いそんなに連絡を取り合うこともないんですが、

いつも何か【ココロでつながっている】 (勝手なボクの妄想です) 気がします
ココロの繋がりってあるんだなと感じたのは彼の存在があったからでしょう
ボクにとっても本当に大切な Ohana です


ココロの繋がり

そんな彼が、福井まで来たからついでに京都まで会いに来る!!
テンション上がりまくりで京都駅に会いに行きました

大切な友人の友人はやはり最高にイイ友人ですね
3人で会いに来てくれ、1人は2度目、もう1人は初対面だったんですが
同い年ということもありすぐにオープンハート
全く違和感なく、思いっきり笑わせてもらいました

金沢からわざわざ来てくれたんでてっきり泊りだと思ってたんですが
日帰りという・・・強行スケジュールにもかかわらず
うちの工房まで遊びに来てくれました

そして、京都に住むという彼のハワイ時代の友人も合流し
本当に旨い夕食をいただくことができ、本当に、本当に
ココロの友人に感謝しています


いつも一人で作業しているので、最近人のココロの優しさを感じていますが
本当に今日1日に感謝したいと思います

そして、負けられないな、と思いました

まだ彼らは夜中の北陸道を走行中のはずです
大切な友人の無事を祈って・・・
2008/08/25

ウォールナット 無垢の椅子

KK椅子2

先日仕上げ終わったウォールナットの椅子がようやく完成し
本日無事納品となりました

京都の張り屋さんにお願いし、白のレザーを張っていただき
一段とウォールナットの色が引き立ち納品先の事務所も
今までにない洗練された雰囲気の事務所へと変化しました

お客様もウォールナットの椅子をかなり気に入っていただいたので
本当に作らせてもらって良かったなと思います

KK椅子3

KK椅子


個人的にご質問のある方はこちらキャビネットメーカーボンド
2008/08/25

木のセリ市

せり4


最近お世話になっている材木屋さんの紹介で
大阪で毎月一度行われている木材のセリ市に参加するため
日曜日の今日、下見に同行しました

せり1

家具屋をはじめてから、色んな木が欲しくなり
色んな木を試してみたいという想いが強くなり
色んな木が目の前に並べられると、・・・目の前のあらゆる材木が欲しくなります

せり2

2つ目の写真の木は、熱帯アフリカ原産のブビンガという木です
幅はおよそ80センチ、長さにいたっては7.9mという大きな木です

そして、3つ目の写真の木は、価格にして
なんと! 『 3千万円 』

和歌山県のある川底に沈んでいたという【クスノキ】です
樟脳(二環性モノテルペンケトンの一種)という成分が含まれ
鼻を刺すような強い刺激臭で、清涼感があるため血行促進作用や鎮痛作用、
消炎作用などがあるために主に外用医薬品の成分として使用されます
また防虫防腐効果のある、不思議な材料です

日本の木で大径木と呼ばれる木に多いです

確かに大径木で素晴らしい価値があるのですが・・・

せり3

このように、どんどん割れが入り腐食してくると
せっかく千何百年も生きてきた木の命を無駄にしてしまうことになるので
機を逃してしまうのは、木に申し訳ないですね

どうか宝の持ち腐れにならないよう・・・期待してます

2008/08/21

無駄な力

まだ椅子の製作が残ってますが
今日は出る用事が重なったので工房はお休み

外出はまとめて・・と思いいつもお世話になっている美容室ボンドさんへCUTという名目で
ココロのリフレッシュをしに行ってきました
京都の町屋にお店を構えてもう6年ですか・・
居心地の意空間丁寧なスタッフ、そして腕のいい美容師さんいるお店です
カットした時は勿論ですが1ヶ月、2ヶ月してからそのニコちゃん良さが実感できる
さすがやな、っていう技術をもってらっしゃいます

日頃、一人で工房にこもりほとんど外の世界とは隔絶した日常なので
外に出たときはいろんな刺激やアイデアを受けるので愉しいです
(一人でこもる仕事は向いてない・・のでしょうか???)

その後車で京都市の北、京北町へ向かいました
夏から秋に向かっているとはいえ、北山杉 木の産地はやはり涼しいです
これはまさに森の力 jumee☆breeze やはり木がなければどんどん地球は暑くなっていきますね

その北山杉の産地でちょうど林業を営んでいる方にお会いしました
年齢は50代の前半くらいの方でしょうか・・・
現場の方の貴重な声を聞くことができました

その方がおっしゃるには、北山杉の全盛期
ちょうど高度経済成長 クルル-2の後半くらいでしょうか
その当時北山の林業組合に加盟している方(会社)はおよそ80あったそうです
しかし、現在はその半分の40になっている
さらに、その半分は休業状態

つまり林業で生計を立てていくことがいかに困難か
、ということです
今は家にあまり木を使わなくなった
使っても海外から入ってくる外国の材料
シックハウスだとか色々言われてますが、今の家には化学物質が多すぎます
しかも、
外国の材料は輸入の際防虫剤を注入したり防虫剤漬けになっているのでいくら木の家といっても・・・・問題ありです

実際その方ももう辞めようかとおっしゃってます
幸か不幸か、その方の息子さんが後を継いでいるということですが・・・
このまま林業の衰退が起こると日本の森は大変なことになります

木は高いと思われがちですが、決して高くありません
林業家 木 の方々が丹精込めて育てあげた木です
耐久性も良く、人工物よりもよっぽど長持ちするので
一人の人生で計ってみると、ほんとに安いものです

まだ田舎では家を建てるのに3年ほどの長いスパンで
木を選び、乾燥させ、木がおちついてから家を建てるということをされる方も稀にいらっしゃるようです

それが本来のあり方なんでしょう
時代が進むにつれて時間軸が短くなり
短期製作、短期納品が当たり前になっていますが
やはり自然の理に反すればそれだけの反動はかえってきます
割れ・反り・やせ等など、木が暴れます
木にも相当のストレスがかかっているんです

その方は、またこんなことをおっしゃってました
今の林業家の中にも、梅雨でも今でも関係なく木を切っている、 と
基本的に樹液分が活発に動く春や夏に木を切ることはご法度 です
しかし、需要なのかなんなのかわかりませんがおかしな事がまかりとおっている
しかも、そんな木と時期をあわせて切った木が同じ値段で売られる そうです

自然と対面する職業でもそのようなことが起こっているとは・・・悲しい話 泣き顔 です
そして、おかしな世の中です


色んな所で無理な力がどんどんかかっていくと・・・いずれはペチャンコ
地球自体が滅んでしまうのではないでしょうか

今日は本当に色んな発見があり、感じることも一杯です
やっぱり、できるだけ多くの人に国産の材料で作った家具を使っていただけると嬉しいです
将来の日本の林業のためにも、
大切な森 earth のためにも・・・・



無駄な力
2008/08/20

椅子・ウォールナット

急な注文でお盆明けから製作していた椅子がようやくボクの手を離れ
後は座と背の部分に生地を張ってもらうため張り屋さんのところへ・・・

椅子の製作は楽しいので好きです
箱物やテーブル、其々の家具に難しい点は一杯ありますが
椅子は製作する過程で成形するための【冶具(じぐ)】がいろいろと
必要となり、見た目と価格以上に手のかかる家具のひとつです

基本的に形が複雑になってくると、角度とかアールとか
どうやってやろうかと頭をフル回転させてやってます
そんなことがいろいろとあり、冶具をつくってやっていくのが
難しいkど、愉しい仕事でもあります

なので、お盆明けから少々ハードではありましたが
冶具を作りながら一応の完成です
その後、どんな風に仕上がってくるのか
楽しみです

K椅子試作

それにしても、ブラックウォールナットは人気です
ありがたいことですが
国産の材でももっともっと家具を作っていきたいです
2008/08/18

季節の変遷

 残暑見舞い

日がだいぶ傾きいよいよ秋の香りが漂ってきましたが・・・
まだまだ暑いです
楽しく、元気に皆さんと秋を迎えたいものです


働いていらっしゃる方々はおよそ昨日で夏休みも終わり
今日は少し休み疲れといった感じでしょうか?
ボクはお盆もバタバタと東奔西走
作業場で木屑まみれになっていました


暑さにはやっぱり甘いもの アイス
この夏はアイスを何本食べたかわかりません・・
一応お菓子を食べるのも食料問題を考慮に入れ
今年はほとんどカキ氷 カキ氷
ガリガリくん にはだいぶお世話になりました
インフレ時に60円とはなんともありがたい限りですが
どうせなら・・チョコ味も60円で販売して欲しいな ホメマ汲ミヲト丱ャホメモXオテヒレミヲ
この年でガリガリくんを買うとなぜか笑われます 怒る 
でも、生乳控えもでこの夏もがんばってます

そして、もうひとつ
日本のお菓子がやっぱりいいですね
DNAに組み込まれているのか控えめな甘さがなんとも落ち着く~ 人生こなた
そんなわけで、お菓子作りその2
夏と言えば 【蕨もち】
超簡単です
 
 ・蕨もち粉
 ・水
以上
でもボクは今回、使い切ってないココアを使い
チョコ蕨もちを作りました

チョコ蕨

今回はまた夜な夜な作り出したのできな粉もなく
枝豆きな粉をふりかけましたが:・・
甘くフランベしたバナナバナナがあれば最高!!でした ror

今回は楢(ナラ)で作ったお皿に添えてみました
2008/08/16

日本再発見

日本の夏

福知山職業訓練校の先輩宅を後にして
ボクは少し寄り道をした

山口から600km離れた京都までせっかく帰るのだから
何か見ておかないといけない
勿論、徳山のご先祖さんのお墓に手を合わせ
ボクは岩国に立ち寄った

夜中の豪雨が嘘のように晴れ渡り、日差しが皮膚に突き刺さる
窓を開けた車を吹き抜ける風も温く汗がシャツを濡らす

山間の道を川沿いに進んでいると
キャンプをしに来た家族連れや友人達が歓声を上げて
冷たい川の中で遊んでいる
気持ちよさそうだ~汗03

まだ夏とはいえ3時を過ぎると太陽が少しずつ赤らみながら西へ
傾いていく中、蜩の声が妙に夏の思い出をくすぐる

錦帯橋


ボクは知らなかった
山口県の岩国市にある錦帯橋がこんな山間にあるなんて
昔、CMでしか見たことのない橋
伝統を受け継いだ大工が木を読みながら築いた木製の橋
その曲線美
そして、橋を渡るときに鼻をくすぐるヒノキの香り
日本人で良かったと実感できるひと時です

残念ながら、写真右上にある岩国城に登る??入る?
ことはできませんでした(少し来るのが遅かったようです)

日本にもまだまだ知らないところが一杯です
欲張って宮島にも立ち寄りましたが・・・
もちろん遅すぎて遠くから鳥居を望むだけでした
2008/08/15

家具繋がり

高尾さん2

13日の夜車の空気圧を点検し171号線を西へ向かう
お盆の時期にしては車の量も少なく快適な運転だけど
下道はなかなか遠い
大阪、神戸と通り過ぎていくうちに
学生時代の友人との一杯の想いでもまた過ぎ去っていく


明石海峡を望む海岸横にある温泉で休憩し
さらにそこから3時間かけて岡山までやってきた
さすがに眠気が襲ってくる
岡山から山陽j道にのり一路下関を目指した

今回なぜボクが下関へ向かうのか・・・・・・
福知山の職業訓練校の先生を仲介し卒業生の方から連絡が来た
『機械を処分するので引き取って欲しい・』

おおよその機械をそろえてはあるけれど、・・・何かあるかも知れない
と思い、連絡させていただいた
『じゃあ、取りに来てください』
!!取りに・・・
と思ったけど、これも何かのご縁
【行くべきだ】
と思うのがボク
とにかく下関の住所をお聞きし向かうことにした

というのが簡単な経緯
高尾さん


約束が午前10時
何とか下関近くへ8時ごろ到着し近くで簡単に睡眠
こんなとき軽バンは快適な住空間へと変身する


地図に書かれた道をひたすら進むがどんどん家がなくなっていく
一面山と空と田んぼに囲まれた集落のその奥
思わず通りすぎたが一枚の木の板が目に留まった
それが、その方のサイン

挨拶もそこそこに車に機械を積み込み
自宅で色々とお話を聞かせていただいた
福知山の訓練校の10年先輩で今は中国で
別の仕事についていらっしゃる
とても気さくで物腰も柔らかくとても初対面の年上の方と
感じさせないものを持っていらっしゃる

正直遠い道のりだったけど、お会いできて良かったです
何がどうなるかわかりませんが、
千載一遇

人とのつながりを大切にしたいですね
2008/08/11

デスク・ウォールナット

W.N.デスク 引き出し

先日から作製していたウォールナットのデスクを納品してきました
北米産のウォールナットの天板と脚、引き出しの口板
そして、引き出しの内部には新潟・福島産の国産桐を使用
オフィス用のデスクなので、実用性を考えて引き出しにはレールをつけました

加工していて思ったのですが、
以前【甘い香り】でさまざまな木の香りについて描いていましたが
今使っている国産の桐の匂いも甘~いんです
ボクもびっくりしました
でも国産桐はやはり木目がきれいです

納品したお客様もとても喜んでいただけました
木は自然のものですし、全て違います
これまではいい木も一杯ありましたがもういい材料はなかなかありません
マグロの大トロだけで寿司を握ることが出来ないように
節もなくまっすぐの木だけで家具を作る時代は終わりました
なので、・・・今回は多少小さな節も配置しています

ボクはそれが自然だと思っています
もちろん欠落するような、強度を損なうような使い方はしませんが
【ないことが自然だ】と思うことよりも
【あることが自然だ】と思っていただきたいと願っています

W.N.デスク1

本当に有難うございました
末永く使ってください
2008/08/10

偉大なるパワー

月曜日のデスクの納品が迫り少々焦り気味・・・ではあります
今日この頃、頭の回りで花火が打ち上げられているような感じ
蒸し暑さは だめ 集中力と体力を奪うのでたいへんですね
皆さんも十分注意してください


さて、昨日?8月8日の末広がりの日
そう、テーブルの納品をした晩
設計事務所アトリエボンドさんの紹介でお知り合いになった方が
忙しいところ京都へ来られ一緒にお食事をさせていただきましたMr.M

年上の方ですが、とても物腰が柔らかく
丁寧な言葉で話をされるところが印象的ですが
人をひきつける力が強く、だからこそ説得力もあり
考えが常に前向きな、チョーポジティブ キュン
とても ハート、ムッ ハートも体も大きい方ですびっくり

ボクの持っていないものをたくさん持っていらっしゃる方なので
お会いしたときは 絵文字名を入力してください 五感をフル稼働して
いつも聞き入ってばかりです
ホント、うれしい話です
有難うございます

もっともっといろんな人と出会って、色んなコトを吸収して
ココロも体も? 大きくなりたいですね Mr.L
2008/08/09

末広がりに、テーブル

KKテーブル裏
突然黒い雲が広がり稲光が頬を照らす
ホント変な天気です


先日から載せていたウォールナットの天板が完成し
本日無事納品をすることが出来ました。
今回のクライアントが男性で、しかも体育会系のがっちりとしていて
性格や外見もまっすぐな印象の方だったので
ウォールナットでも少し大胆で迫力のある木目を使用しました
【威厳】を感じさせる職業の方でもあるので
普通の目よりもその方が面白いと思ったし
下の写真にある吸い付き桟(そり止め:横に2本入っている木)に見られるように
縮み杢目(たて向きにシマシマの黒い線のようなもの)がきれいに出ている
材料を配置してみました



今回の脚は木ではなくスチールの白の細い脚を用い
そのコントラストにウォールナットの艶のある深い茶色の天板を
オイルフィニッシュで仕上げました
シンプルな空間にウォールナットの色が引き立つのが印象的です
やっぱり磨き上げた天板はうっとりするくらいきれいですね
(写真でつたわるでしょうか?)
そんなことを思うってしまうのも家具屋、だからでしょうか?・・・・

KK7テーブル


そういえば・・今日は8月8日、初納品
末広がりに皆さんに使っていただきたいものですね
そして、末広がりで皆さんに幸せが訪れるとなおハッピーです

KK様有難うございます
2008/08/05

甘い香り

木材を削っていると色んな香りを楽しむことが出来る

例えば、楢を削る
するとウィスキーを飲んでいるかのような心地になる
(ボクが飲んだら酔って仕事になりませんけど::)

例えば、楓を削る
するとメープルシロップに似た甘い香りがする
(バニラアイスにメープルシロップをかけると旨いんですよね)

例えば、桜を削る
すると桜餅を食べている感覚に陥っていしまう
(和菓子と言えば、やっぱ桜餅が最高ですね、仙太郎の桜餅が
個人的には好きかな)

例えば、ウエンジを削る
するとチョコレートのビターな香りがボクを刺激する
(チョコ好きにはたまりませんが、吸い過ぎると鼻が真っ黒になります)


木にも色んな香りがあってとても楽しい
昨日から板ハギをしているウォールナットも仄かに甘い香りにやられそうでうすが
今日も仕事終わりギリギリにもう一枚の板ハギを終了することが出来ました

ウォールナット

写真の中央に見えている線が、微妙~に真ん中を空かす板ハギの方法で
ここをコンマ何ミリ空かせておくときれいに板同士が接着されます

昨日の天板よりも少し小さいとはいえやっぱり大変です
まあ、一度やると慣れてない作業場とはいえコツや観が働くので
昨日よりは手早く夕方ギリギリにハギの作業を終わらせることができました

一人でやっていると、色んな人が来てくれたり
急な仕事があったりで当初の予定より(勝手なボクの予定)よりは遅れ気味ですが
明日はデスクの脚の加工と組みまで終わらせたいですね


それよりも、今日作業しながら写真をとっていたらカメラにエラーがでて
撮影できなくなった いや、まぁ、その
マジ、焦りました
このまま故障だったらどうしよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/08/04

テーブル

昨日の休日を利用して早くも作業場のレイアウトを変更
ボク自身の体がまだ作業場に馴染んでいないので
作業するにも頭で考えてしまうため時間がかかるし改善の繰り返しだ


キャビネットメーカーボンドとしてまだ1ヶ月も経っていない
正直まだ本格始動して1週間みたいなものだろうか
本当にありがたい事に注文がきている
本当にうれしいココロの叫びだけど
しょっぱなにしては、ちょっとデカイ
テーブル→1600*800ミリ(1.6メートル×0.8メートル)
これまでもこれくらいのテーブルはやったことがある

しかし・・・・
今の落ち着かない作業場では少々厄介だ

材料を割るにも切るにも一仕事
おまけに材料を運ぶ台車もまだ出来ていない羆

コンマ何ミリの隙間を作って板と板を貼り合わせる
実に繊細な仕事
物が大きいだけに材料を振り回すスペースもギリギリだ
w.n.板ハギ

ウォールナットの色もきれいだし、木目もきれいだから
仕事をしていて楽しいけど・・一人で持つにはヤバイ大きさだ

板を剥ぐ部分に鋸で溝をつけ、木を差し込む雇いサネという方法実践
板ハギは慣れたもんだとタカをくくっていたが・・
やっぱり夏は最悪です
この時期気温が高いので5枚の板を剥いで一枚のテーブルにするんですが
予想より接着剤の渇きが早い羆

そこから猛烈に集中して何とか板ハギを終了
一晩置いて、明日研磨して塗装です
どんな天板に仕上がるのか、絵文字名を入力してください
楽しみです

でも、明日も1500*750のもう一枚の板ハギが待っている・・・・絵文字名を入力してください

w.n.板ハギ2
2008/08/02

国産材 ~桐~

暑中お見舞い申し上げます

夏ももう本番、暑い日が再び続いてますね
夏と言えば色んな花が咲き乱れ、野菜も色とりどり
また夏の空も真っ青
いろんな色に溢れている時期

今回ご紹介する【桐】
初夏に紫色の花をつける日本人にはお馴染みの木ですが・・・
最近桐ダンスを見なくなりましたね、残念なことに。。。

昔は女の子が嫁に行くときに持たせる婚礼ダンスを桐で作るため
生まれたときに庭に植えた・・・なんて話も昔話のようですが
やっぱり桐はいいです

最近はもうほとんどが中国産の桐ばかりです
悲しいことに、中国の桐は安くてしかも出荷の際漂白剤で浸し
白さ、を売りにしてますが・・
日が経てば、、、、、黄ばんで汚~くなってしまいます
確かに買ってすぐは漂白剤の効果で白くてきれいに見えます

逆に、日本の桐は中国の桐より白くはありません
しかし、桐の魅力はその白さではないようです
ボクが使っているのは福島県や新潟県の国産桐
もちろん金額も3倍くらいはします
でもでも、時間が経つとあめ色にいい艶がでてホントきれいです
もちろん仕入れたばかりの桐も見た目がスッキリしていて
中国の桐と比べるとその差は歴然です

幸い京都には国産の桐を豊富に持っていらっしゃる桐屋さんがあるので
これからもずっと国産の桐を使っていきます

桐

桐はもうほとんど引き出しにしか使いませんが
湿気を通さないし、火にも強い、しかも軽い
桐は木材の中で一番熱伝導率が低いです
だから、フローリングにつかわれたりしますが
やっぱり、足触りもいいし冬場はあったかくて最高ですね

でも、この間桐屋さんがおしえてくれました
テーブルの天板にも使って欲しい!と
確かに厚板でも軽いし、面白いかもしれません

もっともっと国産材を見直し
将来も国産の木が取れるように微々たる物ではありますが
日本の林業に貢献できればと思います

皆さんも、ちょっとそんなことを意識して家具を選んでください

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。