家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/29

大切な人々

20080629233704
今目標に向かって突っ走っている友人がいる
そして彼らの周りには、やはり幸せを共有しようと互いを刺激しあっている仲間がいる

大学時代のツレの紹介で参加したラリー
挫折や困難を乗り越えて夢を実現化した人々の貴重なお話を聞く事が出来た

以前は疑問や不信感が心の中でうごめいていたが、今回は純粋に心を動かされ、涙が出た

自分の基準値としての成功は、決して誰から与えられるものではなく、自分にいかにストイックに実行していくか
いかに人を幸せに出来るのかを突き詰めた方々だと思う
半端な気持では成し得ない、しかし不可能ではない

ボクは今日多くのエネルギーを頂いた

そんな友人達に感謝です
スポンサーサイト
2008/06/29

東京も雨

20080629074303
先ほど新宿西口に到着
最近のバスもだいぶゆったり出来るよう改良されているためかなり心地いい

こちらもやはり雨

汐留の開発や六本木ヒルズが出来たあたりからか、
東京の空がどんどん小さくなって来ている

そんな事気にする人はいないか…
ガラスに覆われた高層ビルは、建築家のエゴイズムか大手不動産会社の意地の張り合いか
ボクには、醜い争いの激化にも感じる
窮屈な感覚は、人間関係や社会生活までをも窮屈にしていくような気がするんだが…
2008/06/28

再び東京

今晩から夜行バスに乗って0泊3日の東京へ行きます

以前からビジネスをしている友人の紹介で、その友人が
尊敬する人がセミナーで話をされるということなので・・
今回強行スケジュールで行ってきます。

帰ってきたら、また忙しく、楽しくなりそうです。
また帰ってきたら報告を
2008/06/27

国産材

日本の森林面積はおよそ67%と言われている
実際、今お住まいの皆さんの周囲を見回してみると
緑に覆われた山が見えるので、日本には本当に
たくさんの森林資源がある!、とお思いだろう

しかし、木材に関していうとけっしてそうではない
建築資材として使用される針葉樹
こちらは戦後植林が行われ徐々に成長が進んで
まだ問題ないが
寺社仏閣に使用されるヒノキは大木がない
もう6年前に聞いた話では
法隆寺の5重塔の中心部分の柱に使用できるヒノキは
日本にはなく、台湾に3本ほどあるみたいだが
台湾政府の意向で伐採することが出来ない
つまり、これから国宝級の寺社仏閣の補修が危ない

さて、家具に使用される広葉樹
よく知られているのは、桜(花見をする八重桜等ではなく)
バットに使われるタモ、ナラや楓、栓、桐など等
家具に適していると言われるこの広葉樹が危ない


最近色々な材木屋さんと話をするが
国産材の安定供給が難しい、とささやかれる
それは、ボクにとってもショッキングなこと
やはり日本の林業を支えるという点で
国産材を使用した家具作りをしたいと思っている
しかし、これはボクだけでなく家具屋さんにとっても
本当に重要な問題だ

もちろん、日本にも山や寺社仏閣へ行けば大木はある
しかし切ることはほとんど出来ない木ばかりです


そして、皆さんには振り返って欲しい
家具選びの基準とは?
確かに無垢の木で出来た家具は、アジアで安く作られた
ベニヤの家具よりも高い
でも、無垢で出来ている限り修理がしやすいので
次の世代へと受け継いでいくことができる

しかしベニヤの家具は10年持てばいいでしょう
接着部分やベニヤがはがれてしまう
すると、廃棄
ベニヤに使用される材料はほとんどが外国からの輸入材で
しかも結構な大きさの材料(つまり何百年の木)が使用される

しかし今後は外国の諸事情により木材輸入量も減少する
今あると思っている資源が本当になくなっていく


かなり状況は深刻化していますが、放置は出来ません
どうぞ家具を購入される場合はもう一度考えてください
これからの資源についてどうなっていくのか
間違いなく資源の奪い合いが起こっていくことでしょう
考えてみましょう
これからの家具のあり方について


で、ボクは・・・
出来る限り国産材を求めて長く使える家具作りをしていこう、と思います








2008/06/26

国立新美術館

東京には溢れているものがたくさんある

地方にはない人の数
そして、店の数
どんどん建物が出現し、街が変貌していく
そう思うのは、やはり地方から来たからだろうか?

建築家の兄と国立新美術館へ足を運んだ
以前来た時には時間が遅すぎて入場できなかったので
今回は早めに、建物を見にやってきた

かの有名な建築家【黒川紀章】の最後の遺功である
ボクも正直黒川氏の建築はあまり知らないし
どんなバックグラウンドをお持ちなのかも知らない
しいて言えば、選挙をかき回した!というイメージが強い

しかし、実際建物と相対するとその素晴らしさで胸がなる
外観の曲線や背景となる街とのバランスを見ても
さすが、世界の黒川紀章、だなと思う

中へ足を踏み入れると大空間に聳え立つ円錐形を逆さにした
3F部分のレストランがとても印象的だった

建築家やデザイナーって、ホント何を考えているんだろうと
感心しながら、館内を歩く
そして、至る所に置かれた北欧の椅子
美術館がその用途だけではなく
博物館を備えた複合施設のような国立新東京美術館
東京にはデザインが溢れている

どちらかと言うと職人は、まず構造を気にする
そして、形をどうこう考えてしまう
だから職人の考えたものはどちらかと言うと野暮ったい

しかし、職人的立場から言うと
デザイナーさんの作品,の中には
『果たして何年使えるんだろう・・・』
心配になってしまうものもある

いい、悪いはどうあれやっぱ東京は凄い






国立新美術館


2008/06/23

定番

毎回東京に来たら朝食は築地

ボクはいつも場外の【かんの】さんを利用させてもらってます。
今日は海鮮丼
マグロ、かんぱち、ウニ、イクラ、紋甲イカ、ボタン海老
2008/06/23

バウハウス

20080623092603
20080623014003
夜が明ける数時間前に家を出て名神高速道路を東へ
半年前にいた静岡を横目に思い出が駆け抜ける

兄と車に乗っておよそ6時間、まずは上野に到着。
東京芸術大学美術館で開催されているバウハウス展を見に行った。
バウハウスは名前ばかり知っているわりに詳しい事は何も知らない
知らないから、ちょっぴりと知りたくなった、友人の薦めと…時代を動かした集団とは…
およそ90年前のデザインが今に影響を及ぼしている。一面では、本当に素晴らし建築及びプロダクト。計算と思考の連続。実験と失敗。たった14年間で。

反面、そんな過去にいつまで縛られているんだろうか。それはボクらモノを創る側の責任であり、デザイナーの行き詰まり感でもある。
イームズ、ヤコブセン、ユール…
ミッドセンチュリーにもいまだ縛られ、脱却出来ない業界。

何かを変えなければ…と素直に現実と向き合った
2008/06/21

お引越し

誘われるままにお引越しをしました

と言っても、自宅の引越しでもなんでもなく
ブログのお引越しです
以前はライブドアでしたがFC2に変更です
もしミクシイから飛んでこれない場合は教えてください

気分は変わりませんが、気持ちは変わりましたね
2008/06/19

感謝

75e069c8.jpg
昔から『ありがとう』という台詞が苦手だ
どう感情を乗せれば
本当にあり難いという気持ちを受け取ってもらえるのだろうかと
心配になり
なかなかいえなかった言葉

二十歳を超えて、
ボクの中に『ありがとう』という言葉が
徐々に体にしみ入るようになってきた

そうして、10年
だいぶ・・・言えるようになった

京都へ帰ってきて
かなり孤独も感じた
会社に属しいた時は
怖いものも特になく、何でもかんでもイケイケ!
でも、
それはあくまで会社に守られていたからで・・
今ボクには何もないと感じた

そんなボクを守ってくれるように
最近ボクを訪れてくれる友人が増えてきた
感謝
一人だと思っていた
自分でつっぱしらなければいけない
そんな、声を実は心の中で叫びつつ、呪文のように聞き入れていた
そして、どんどん追い込んでしまおうと思っていたんだろう
・・・

感謝・感謝

木がなければボクは何も価値を生み出せない
場所がなければ家具も作れない
ボクには何も出来ない
しかし、ボクに端材をくれる人がいた
そして友人もいた
古くなった機械をくれる人もいた
人を紹介してくれる兄もいた
通りがかりに尋ねた人が土地を探してくれる
交渉もしてくれる

まだ、まだ夢を現実に変えることは出来ていない
ただ、みんながどんどん夢を差し出してくれる

何もないと思っていたら
大切な人々が周りにはいる


以前、家具屋で働く友人からもらった端材のナラ
今日それを形にした
まだまだ技術的には平凡以下
でも、嬉しくなって
生まれた赤ちゃんへ
小さなお皿をプレゼントした

感謝・感謝・感謝



2008/06/18

先斗町

11bbe3c0.jpg昨日静岡から友人が来てくれた
もうなんだかんだ言って10年の付き合い
厳密にいうと最初の就職先での同僚

いつの間にかやめてしまった彼だが
今では浜松北にある某映画館の支配人にまでなってしまった
当たり前といえばそうなんだろうが
友人知人はどんどん社会的地位を上げている
ある程度の役職とある程度の収入

あるいは夢に向かってビジネスパートナーを構築していたり
ボランティアの一環で海外赴任する先生
中にはいまだに新記録を出しているスポーツマンまでいる

なんと素晴らしいことなんだろう

彼も今はとても生き生きとしているし
以前と変わらない心地よさを持っている

『四条に6時』と伝言を残され時間前に電車で向かう
高島屋でちょっと手土産を用意し
ボクは久々に、昔からの喫茶店で時間を待った
【店内での携帯電話の使用はお断りしております】
外の扉にはこのような注意書き
そして、店内にはアンティークの家具にクラッシク音楽
薄水色のワンピースという昭和の装いをした
若い女性店員
かっての昭和のままの
まさにコーヒーを楽しむための空間が用意されていた
注文はシンプルに、コーヒー

昔祖母の家で味わったものと同じ香り
同じ苦味と酸味
ボクの中でこれこそ京都のコーヒーというものだった

最近街にあるカフェ
ざわめく店内にボリューム大の音楽
色んな機械と技巧を凝らした淫らな飲み物
至る所での携帯電話の使用

正直、用もないのにいじったり通話したり
そんな日常に慣れきったボクに
【店内での携帯電話の使用はお断りしております】
新鮮で、ごく当たり前の
周囲への配慮
だった

そんなことを考えていると
斜め向かいのサラリーマン風の男の携帯が鳴る
そして、正面の女性も・・
何かコントを思わせるかのようなタイミング
サラリーマン風の男はそそくさと電話を切ったが
正面の中年女性は電話に手を当てながら遠慮気味に
そして、長々と電話にかじりついていた
老若男女
マナーを守れない人はいるもんだ

流れ的にボクの電話が鳴りそうだったので
会計を済ませて外へ出た瞬間、携帯が鳴った
まさしく彼からだった

ジュージューと焼ける肉

彼のお気に入りのお店
先斗町の奥を西に入ル
鶏の石焼のお店にて食事をした
全て店員が一品一品焼いてくれ
醤油ダレ・梅酢・塩で頂戴する
丁寧なお店ではあったが
エアコンと鉄板の熱で反り返ってしまった
テーブルの天板がどうもボクには気になった

2008/06/11

自由の女神達

もう2年ぶり位?

いつも会うたびにこの前いつ会ったんやろ?って
とても不思議なお付き合いも、もう12年??
きっかけはカナダの旅
3人が直接現地で会ったことはなかったけど
それそれが繋がっていたので
帰国後も3人で会うようになった。

【CANADAの会???】

キ○ンミはめでたく初出産を経験しママに
ミ○リはカフェも経営し、この春めでたく結婚を
幸せを着実に築きつつある2人をよそ目に
いまだに自由を叫んでいる、ボク????
いや、ホント
人の幸せは嬉しいもんです

大阪の家に集合
でも、2人とも遅刻
つまずきの多い3人の関係
キ○ンミ、オモニ、御免なさい

それはそれで、
ミ○リは手作りのインド人仕込のカレーと
ガトーショコラを手作りしてきてくれて
これがまたメチャ旨い
いつの間にそんなすごい腕を上げたんかとビックリ
でも、中身は変わってなかったんで、安心
んで、んで、用意してもらったうどんすきがまた最高
久々大阪うどんをいただきました
大阪うどんも最高
ボク個人は讃岐より好きです

いつ会ってもなんら変わりなく
笑顔をいっぱいくれます
そして、
大切にしてくれます
ホント心が広くて
すばらしい人です
いいエネルギーをもらっちゃった
ありがとう

ん、ん・・・
そういえば写真撮るの忘れてた

2008/06/06

試行錯誤

595b6017.jpg

簡単そうに見せるのが職人
初めて木工ロクロを教わった時
木の器って簡単に出来るもんや、と
勘違いさせられた

1ヶ月ほどいさせてもらって
およそ2週間くらい削ってた
おおよそ何でも出来ると勘違いして
ロクロを買った

一人になってみて
1からそろえて、台を作って
1から材料を削っていくと
ようやく今になって、かなりの勘違いをしていたとわかった
1つを作る度に
難しさが体を打つ

大変なお買い物をしたんだと

しかし、戻るわけにもいかないし
戻るつもりもない
前にしか向かえないんだから・・
2008/06/05

地球温暖化シュミレーション




定期的にチームマイナス6%からメルマガがやってくる
最近ようやくゆっくりと閲覧するようになったが
正直名前を変えたらどうなのかと・・

【チームマイナス50%off】

このままじゃ温暖化は加速すると思っていたが
やっぱりこのシュミレーションを観て
ヤバイんだろうと思った

百聞は一見にしかず
どうぞアクセスしてごらんになっていただきたい

http://www.team-6.jp/cc-sim/


特にボクは子供もいないから・・
というわけでもないが
子供のいる方はぜひ参考にしてほしい

ちなみに、温暖化関連での最近のこだわり
1、近隣の野菜を食べる(出来れば有機系)
2、国産品がなければ輸入品に頼るが、それでも1週間に1~2品目
3、小麦粉から米粉へ
4、強力粉は国産品を
5、大豆関連(豆腐・醤油・納豆・味噌etc)も国産品で有機系
6、よって輸入品はほとんど買わない
7、肉、特に牛肉はまず買わない(来客のときのみ)
8、牛よりも豚、豚よりも鳥を
9、石油系の界面活性剤商品は使わない
10、ペットボトル、アルミ・スチール缶は基本買わない
11、つまり紙パック商品を
12、紙関連の箱・コーヒーフィルター・キッチンペーパーはリサイクルへ
13、生ゴミは堆肥作りへ

こんなところでしょうか?
ちなみに、お菓子の個梱包もリサイクルへ!!
2008/06/04

スカイプ

いまさら・・って感じでしょうが
スカイプを始めました

もう2年も前から薦められ
特に興味も持たず、かなりの不精です

何に迫られてかというと
ウェブ作成でわからんことだらけ
頭からマグマが噴火しそうな勢いなので
聞くのにも便利
データのやり取りも便利
ということで始めたみた

薦められることは素直に受け止めやるがよし!
こんなにも便利で
タダなので
もっと早く始めるべきでした//
2008/06/02

子供からの手紙

2ヶ月前に作ったポストも雨にうたれ
塗装がはがれてきてしまった
なんとも切ない

どうしようかと眺めていると
茶色いポストのわずかな隙間から白い紙がのぞいている
いつもの請求書かと取り出してみると
【World Vision】と書いてある

忘れていたが、ボクのチャイルドから誕生日のお礼の手紙だ
テンションが上がる

チャイルドとは言え残念ながらボクの本当の子供ではなく
毎月支援をしているインドの息子からのお手紙だ
ヒンドゥー語と英語訳と日本語訳が丁寧に添えられ
彼の直筆を見ながら、英語訳を読んでいる

この前の誕生日には
手紙と、前の会社で作ったボクの作品のポストカードを2通
いつも時間がなくて悪いな~と思いながら簡単に済ませてしまったが
こういう手紙をもらうと、やっぱメチャ嬉しい

この支援を始めてまだ2年弱
なかなか彼の成長を見届けることが出来ないので寂しいが
大学のときにアジアで助けてあげられなかった子供達のことを
思いながら、ボクはWorld Visionに参加している
いずれ、インドへ会いに行く予定だけど、
それまで、Saruguru 元気に勉強と遊びを両立して
両親を助けてあげろよ!

なんて、親の気分です・・・

d6f0f76d.jpg
2008/06/01

情熱大陸

日曜日といえば比較的テレビ番組を観る
普段はあまり必要のないものも
時には気分転換という感じか

好きな番組の1つ『情熱大陸』
今を必死で駆け抜け、日本で活躍している
知らない人々が取り上げられるので
おおよそ、毎週拝見している

で、今日の主役は日本バレーボール女子代表のセッター
【竹下佳江】選手だった
もう何年もスポーツとは無縁の状態ですが
正直、3回もビビッと武者震いがした
160センチにも満たない身長
30歳という年齢
そして、過去に味わった屈辱的批判

マイナスから立ち上がり活躍する彼女に震えた


ボクも独立のため早く場所を確保しないと・・

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。