家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/21

温泉の似合う…

505a4083.jpg2007年の末から
ハマってしまっているのが
『温泉』





伊豆に始まり、淡路島、川根、伊豆、宮崎、山形
…そしてスーパー銭湯
どこもいいとこばっかやけど
1番凄かったのは宮崎のとある温泉
メチャメチャ、ツルツルになってホントビックリ

ホントは源泉かけ流しがいいけど、そんな贅沢は言えない
スーパー銭湯に行って来た
ホームセンターに機械を探りに行った帰り
減量を兼ねて車でタダ券握りしめ
近く?の風呂屋へ

ボクはかなりの長風呂
家ではそんなでもないが温泉へ行くと
自他共に認める位長い
1時間以上はいたって普通
サウナがあれば2時間も余裕
最高は3時間弱かな…
サウナにはまったのは2年前のスウェーデン
サウナに入って湖にジャボン
子供達に負けじと張り合ってた頃が懐かしい


で、懐かしいついでに
風呂の帰り際、高校の時の友人にばったり会うと
嫁さんと子供2人を連れていた
『結婚してたんや!』と久々にあった友人に言うと
『…もう32やからな…』
妙に響いた彼の声

さて、彼女でも募集しておこうかと…
そんな歳になりました



ちなみに写真の赤ちゃんはボクの子ではありません
スポンサーサイト
2008/03/17

『小春日和』
『春らしい・・』
『春うらら』
95ba71af.jpg


人によって感じる『春』
あなたはどんな時、感じるんでしょう?

車に乗りたくはないけど
必要なので乗ってしまった今日の午後
フロントガラスを突き破る強い日差し
日が差す
とても面白い響きの言葉
突き刺すように差すこの光は、もう
春を追い越してしまったようだ

梅もまばら、桜はまだ
でも春は確実にやってきているようだ

『春』の匂い
ボクが感じる春である
眠っていた植物や昆虫、動物たちが
一斉に活動を始めたために起こる空気の流れ
それが風に乗って
ボクの鼻を撫でていく
仄かに甘く、優しい香り
それがまさしく『春』だと勝手に思っているんだけど・・

人によっても違うし
地方によっても感じ方は違うだろう

桜が咲いたら・・春
卒業式の時期だから・・春
暖かくなってきたから・・春

雪国の『春が来た』っていうのは
雪の溶け具合から来るみたいで、
3月に入ると気温は上昇してくる
すると今まで解けなかった残雪が
小さな音を立てて解けていく

キューッ、キーッ、

どんな音かはわからないけど
日々雪景色に変化が訪れる
白い風景に緑や茶色の絵の具が塗り重ねられていく
冬に埋もれていた風景がどんどん蘇ってくる
その日々の変化が速まってくると
『春だにゃ~』って
人々が口にする
幸せそうな笑みに映える『春』

みんなが待っていた春が来たんだと
感じ始めている今日

あなたの『春』ってどんな時ですか?
2008/03/16

Β級グルメ

593e05d2.jpg
b7829976.jpg
38df04a7.jpg
ラーメン嫌いなボクは初耳だが、山形県はラーメン天国らしい
愛をとり持つ鳥モツラーメン
ボク的に、今イチ





2008/03/15

蕎麦

790e2490.jpg餃子事件で見直し始めた輸入食品問題
安い、のは家計を預かる主婦にとっては最重要課題だ
誰でも知っているモノの値段
ボクが作っていた、またこれから作るであろう家具も
量販店の家具よりかなり高い

出来るだけいい材料、技術、過程を経ているので、
別にベラボウに利益を得られる訳でもなく、
むしろ大手より薄利だと思う
高いものにも理由があるけど、安いというのも理由がある

ここ2年程、ボクは輸入食品を出来るだけ買わないようにしている
トンガのカボチャ、オランダ・韓国のパプリカ、メキシコのアボカドは例外か…
海外から高い燃料代を払い
二酸化炭素等をいっぱい排出してまで
食べ物を持ってくる必要があるんだろうか?
輸入食品の半分以上を廃棄するボクら日本人
食料自給率の低さを理解できず、むやみに食べ残し廃棄
もし、海外から一切の食べ物が入って来なくなったら皆どうするだろう
発展する中国が国内で不足する資源を買い集め
あらゆる価格が暴騰している
石油しかり、木材もどんどん買い締めている
いくらでもお金をだすから…昔の日本人みたいだ


これからの事を考えると
この事件はいい教訓となったのではないでしょうか?
安いのは魅力的、でも

途上国の人々は自分達の食べるモノを削ってまで
大半を廃棄する日本人のために必死で作っている事を忘れてはいけない

海外から来る食料品には過剰に消毒が行われていることを覚悟しなければいけない

輸入するという事は、無駄にエネルギーを消費し環境悪化を促進させる
健康を害してまで安いモノを口にして何の得になるだろう?
官僚や政治家も日本の農業について真剣に考えて…
無理ですね

ボクらの意識が変わらないと企業方針も変わらない
企業が変わらなければお役所も変わらない
情けないように見える政治もボクら日本人の象徴
政治や役人がどうしようもないのは
ボクら皆に魅力も誇りもないからなんじゃないかな


昨晩は、近所の蕎麦好きの方が持ってきてくれた
地元の蕎麦粉と地元のわさびで蕎麦を頂きました
初めての蕎麦うちにしては
上出来だと思うんですが…いかがでしょう??
2008/03/13

木の向くまま

807db9de.jpg


集中力の持つ限り
と、無理をすれば…
ガツン!!とやってくる

そして…傷がつく、んだ

少し手の動きが柔らかくなってきたおかげか、ヤバいという感じがわかるようになってきた
繊細かつ大胆な手の動きが求められる
家具を作る時もそうだった

機械でほとんど出来てしまう家具も、
材料を押さえる力や木の目方向で精度が全く変わってしまう
目よりも耳、そして木と刃物による臭い、手の感触
味覚は…使うかもしれませんが

微妙な感覚を要するにだけに体調が悪いといいモノは出来ない

今日は毎晩の晩酌付き合いのせいで頭が痛いけど、気の向くままに削ってみた

果たしてわかってもらえるだろうか








2008/03/09

家具を彩る…

741515bd.jpg惑星衝突?!
…には、見えないか(u_u)o〃
日々、木を削る感触を感じられる
少しは上達したのか、
或いは単に慣れてきたのか
前者であることを望もう


広いキッチンとダイニング、あとは広いお風呂(出来ればかけ流しの温泉)
美味い料理と集う仲間
そんな空間を持つ事が夢の一つ
そこに、自分の家具や好きな雑貨があれば、尚いいな
家具を作りたいと思ったのは、そんな理由だっただろうか?
自分の価値観を押し付けたり、理解して貰わなければ、というつもりもない。
ただ毎日愉しく笑っていられる環境というのはやはり大切
そんな環境から面白い発想やアイデアが生まれてくるのは言うまでもないし、自分の仕事やプライベートでも正のエネルギー循環が高速回転で繰り返される
地球の不思議な力が集まって来るように…

空間を演出出来るほど、奇才でもないが、心地のよい家具とそれを引き立たせてくれる雑貨を創る事は可能だろう
そんな僅かに自分の中に秀でた部分に確信を得るためここへきたわけだから

僅かな人生の欠片でも、幸せを感じられるものがあれば、大切にしていきたい
と感じる、この日

眼前に広がる雪の大地に不思議な哀愁を感じて…
山寺へ
2008/03/09

何、想う

394f7457.jpg

宇宙の広さを知っていてもそれを理解している人はいない
ましてやこの星
地球も、
素晴らしい事は知っていても半径3メートル以上の事に興味が消えてしまう


閑かさや 巖にしみ入る 蝉の聲  松尾 芭蕉


a4065f0f.jpg
山寺に来ています
ここへ来てまで携帯に向かってブログを更新するのも何ですが…
様々な宗教があり、多くの人々が助けられ、また血を流す
いいのか悪いのかわからないけど、『拠り所』という意味では必要なんでしょう
もう1200年程前
ボクらの時間軸では計る事の出来ない過去
慈覚大師(じかくだいし)が拓いたこの山寺
その1000年後、芭蕉がここを訪れた際に詠んだ句は
200年後のボクらも知っている

山間の小さな集落
それを見下ろすようにそびえる岩山に立てられた寺
春の日差しを浴びながらも
まだまだ雪深い山に作られた参道を登っていく

まっすぐに天へと向かう杉林が印象的だ
太陽の光の当たらないその木陰では、雪の結晶達がまだまだその存在を誇示している
踏み固められた雪が何センチもの氷となって
ボクらの心を惑わせる
おおよそ1200段だただろうか
行き交う人々と挨拶をしながら山寺の頂上に位置する
奥の院へ到着だ

以前も書いた事があっただろう
知らない人とこんなにも簡単に挨拶を出来るのが、山
カナダやヨーロッパへ行ったときは
街中でも結構あたりまえのように
目が合うと挨拶を交わした
『ヘイ!、ハイ!・・』
それだけ使いやすい言葉
逆に、『おはようございます、こんにちは・・』
これら日本語はしっかり発音しなければいけないから
安易に用いにくいんだろうか


奥の院から少し下り
岩づたいに歩いていくと
この山寺の絶景ポイントにたどり着く

・・・・

彼らが何故山岳宗教を信仰し、この地のこの様な場所に拓いたのか
定かではないが
少なくとも、ここを訪れた人々は
現実の扉を自ら閉めて
心に眠る遺伝子に語りかけているようだ


ボクら地球人はこれでいいのか?
2008/03/07

生活

46a335da.jpg起床6時
6時半朝食、そしてインスタントコーヒー
7時半工房へ移動し掃除
その横で師匠、薪ストーブに火をつける
10時休憩
12時昼食
15時休憩



19時から晩酌と夕食
20時半夕食終わり
その後、アルコールにノックダウン
早々の就寝

なんと規則正しい生活なんだろう

自分でも信じられない朝の6時起き
夜は早々に寝ているからの偉業だろうか

人間多少のプレッシャーを感じていないときちんとした事が出来ないように
なっているんだろう、か?あるいはボクだけであろうか?
決まった仕事がないと、心身ともにルーズになってくる
何か必要にせまられないと・・、ではいけないんだろうけど
金額があって、納期があるともっといいものが造れるように
なるだろう!きっと

もう20日近くなる
勿論毎日ろくろに向かい合っているわけではない
多少の形には出来る様になったが
難しい面と、まだまだ技術的に出来ないこともわかった
危険も多少感じてきた
コンマ何ミリの手の動きを間違えると
刃が食い込むという怖さも感じた
それは
今後役に立つだろう

そして、ここでの生活もあと数える程になってきた
もう少しレベルアップしたい
2008/03/05

こけし

b1be2e1c.jpg東北地方以外の方はほとんど縁のない、こけし

先日、お世話になっている方(師匠?とはまだ呼べませんが)県の依頼を受け、こけしを13体ほど制作。
興味あるかたは、一度行ってみて下さい。
自費でお願いします。

新庄故郷歴史センターで4月2日から2ヶ月程開催
2008/03/05

e67c865a.jpg 


『槐』

一般の方には少し縁のない漢字でしょう

木に鬼と書いて、『エンジュ』と読む
はっきりした事はわかりませんが、
鬼なのに幸運を運んでくれる木
厄から守ってくれる縁起のいい木です


どんな風に感じるかわかりませんが、ろくろに槐をセットした時
自分の呼吸がどんどん大きくなっていくのを感じる
いたずらに削れない、削りたくない木の一つであります

ここへ来て、楓やミズキばかりを削ってきたわけだけど、どちらも柔らかく削り易い。
しかし槐は環孔材で少々硬い
油断すると…ザクッと刃物がもっていかれる
下手すりゃ材料がぶっ飛ぶんで、すぐに疲れる
神経衰弱するぶん形になると嬉しい
塗装すれば…(o・v・o)きっといい艶がでるんだろう
2008/03/02

郷土

b3d51c6f.jpgこちらへ来て何キロ増えただろうか?

朝・昼・晩と3食きちんと頂いて動く事が少ない
しかも、ここでの晩御飯はお酒を飲みながらおよそ2時間続くのだから…
まあ、肉は少なめの野菜モリモリメニューだ
それでも、普段晩ご飯を食べないボクには少々きつい
これは郷土料理とよんでいいのか分からないが、シンプルで結構ヒットしたご飯
『引きずりうどん』
釜あげうどんとかわらないかもしれないが、こちらは乾麺のうどんに、具は納豆、ねぎ、卵に醤油で頂く
納豆が入ってて、うどんを皆で引きずるように食べるからそう呼ばれる
これが、絶妙
乾麺だから時間が経つとどんどんのびてくる。更に食べてると納豆も柔らかくなってくる
時間とともに変化する触感となかなか減らないうどん
かなりハマったシンプルな郷土料理です
2008/03/01

地吹雪

9a06e7fb.jpg地に降りた雪が再び吹き上げる


たった2枚の透明ガラスの外に広がる世界
コントラバスが静かに力強くドラムと共演、その後を追いかけるようにチェロが、コミカルなバイオリンは次第に人々を霧幻音の世界へと引きすり込んでいく
厳冬の世界で執り行われる響宴。
恐怖と歓喜の嵐が一瞬に、また絶えず駆け抜けていく灰色と白色の世界で過ごす1/3年はやはり辛く、暗い世界だ
そういえば、
きっとコペンハーゲンやウスタボーラの今はもっと厳しいんだろう
ホフ・ペル夫妻、本田さん・ヘンカン一家、…また彼らに会いたいな



そろそろみたいな青い空
歩いて見たいな、この街を
2008/03/01

ミシン

顔をしかめたくなる
自分でやっててホントやばいなって思えるくらい
糸鋸が下手です

そう、小学校とか中学校の技術の時間にやってた糸鋸
昔は簡単だと思ってたし、仕事でやってたときもそんなに
難しいなんて思わなかったけど・・・
なかなかうまくいかない
(一応、素人の方よりはうまいはずだけど)

手を動かすタイミングによって刃が食い込んだり
焦げたり、うまく曲線が出なかったり
単純な機械だけあって難しいというべきなんだろうか
線にこだわりすぎても全体のバランスがおかしくなって
切り抜いたあとの全体の雰囲気が悪い

という訳で、今日は午後からお休みです
気分がのらない時はやめたほうがいいという師匠の教え
そんな事でこのあと
ブラブラと散歩に出かけよう

でも、残念ながら外は雪が降ったりやんだりとまだまだ荒れ模様

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。