家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/04/25

しばし、小休止

 そういえば、約8ヶ月にわたって続けてきたピラティスを
しばらく辞めることにした。
なんだかさえない人たちに囲まれた講座で、正直
愉しいとは言い辛いが
ピラティスは愉しかった

もう何年も運動なんてしていないから
汗をかく機会が少ない
初めてあの講座を受けたときは
『ちょっぴり怪しい宗教集団』みたいで恥ずかしい・・
なんて事も考えたが
1時間真剣にやると汗まみれ
次の日は筋肉痛になってしまうくらい動きは地味な
結構しんどいモノだった

一応スカウトなんかされっちゃって・・・
いまでも先生はあきらめていなかったようだが
ま、将来も続けていたら副業でやろうかな☆
ピラティス=渡辺マリナってくらい有名
渡辺マリナはなんでネプチューンの名倉と結婚したのか
理解できない
世の中わからない事が多い
きっと、ずっと理解できないだろう
スポンサーサイト
2006/04/22

欲を満たそう

6e4b4f20.jpg 昨日に引き続き 筍で引っ張ろう

晩から仕込みをし、おおよその準備を整えた
出汁、出汁 こいつはかなり難しい
記憶からにじみ出てくる出汁の味はあるのに
再現できないこの難しさ
どうしようもなく 歯痒い
 こいつは丁度、操りきれない鉋とおなじだ
刃物が研げても、鉋はきれない
不思議な感じもするが マジそうなんだ
勿論いうまでもなく、刃も満足に研げていない

5畳の中の2口のガスコンロ
ボクにとってあまりにも狭い空間 そして ツカイヅライ
4口は欲しい そして炎

今欲しいもの
100書いてみれば書けるかもしんない
そのうちの99叶ったとしても
きっと新たな99が出てきそうだ


さて、筍ご飯の味は
68点 ― ご飯鍋で炊いたが、昼の仕事休みの合間に炊いたから
それを夜食べるとイマイチだった 保存法も悪かった
  筍のお吸い物
78点 ― 蕨のアクがいただけなかった・・
  筍の焼き物
81展 ― 木の芽味噌、黒七味味噌はよかったが、脇役の焼豚が・・
  焼きすぎていた半生に近いときはかなり 旨かったのに
  若竹煮
62点 ― 味は良かった が、出汁のインパクト・しみ具合は減点
  筍のがんももどき あんかけ
84点 ― 揚げたてを食えれば よかったのに

お世辞にも旨くはなかったが、人に喜んでもらえた

しかし、今日頂いた新茶は
マジ、美味かった

ここならではの一品
2006/04/21

今が 春

e28dc97c.JPG 何かには必ずきっかけがある
或いは、何かに対してきっかけを敢えて作り出しているのかもしれない
それが人間の性なのだろう
【意味づけ】【コンセプト】も
そんなところなのではないのだろうか

コンセプト・・あまり好きな言葉ではない
どこへ行っても『どんなコンセプトですか?』
一体そんな意味づけをして何の意味があるのだろうか
見た人が何を感じるのか
むしろそれが前面に出るべきではないのかと
愚痴のようにブツブツ 文句を言っている

別にいらない訳じゃないけど
そんなんだから、人間の感受性ってどんどん失われているんじゃないのかな
感じられないから自分のことしかわからない
人のことが理解できなくなっている
ん、大して人のことは言えないが周りが見えなくなっているのは
・・確かだ

さて、桜はすでに散ってしまった
桜色から新茶色へ
昨年ほどではないが鮮やかな色を醸し出している
そんな春の一日
ここへ来たからそんな表現が出てくるのかもしれないが
やっぱり春に【筍】を食べなければ
春を感じない
 せかして、ようやく届いた一品
只今調理中だが
・・・少々えぐい 
やはり、【裏年】のようだ
でも、明日はどんな感じに仕上がるのだろうか
料理は難しい


2006/04/16

ツナガリ

79fb82f6.JPG
うれしいときはボクのほかに誰かが喜んでくれる
かなしいときはぼくのほかに誰かが悲しんでくれる

求めると 誰かが与えてくれる
与えると 誰かが『アリガト』って
応えてくれる

つながっていないと思ってても
糸をはじくと
いづれボクのところにも伝わってくる振動
気づかないところでつながってる
離れてても
つながっているココロ

苦しいときに差し出される多くの手
喜びに引き込もうとする多くの声

また 
その先へ
2006/04/15

タマッテル

 遊びたい、とても遊びたい
もうここ4ヶ月まともに遊んでない
だから
少々ストレスたまり気味
遊ぶと言っても何をする訳でもないが
気の合う連れと遊びたい・話したい

そういえば、今日前の会社の同期が九州から東京に来ているらしい
横浜のツレから連絡があった
メチャ行きたかった

2011年メキシコへ行こう

そんな約束というか勝手なボクの提案
彼らはおそらくずっと同じ会社にいるだろうが
果たしてボクはどこにいるのだろうか
一緒にいきたいな
2006/04/11

ハニカミ

 今この日本で窓を開けている人はいないだろう
いるとしたら・・・やめておこう
いいネタではない

そう、外は雨 特にここは今警報がでている

;朝 ボクのなかで小さな覚悟が決まっていた
堅苦しくはなく、むしろドキドキを含蓄した腹決め
晴れたら=ベンリー
雨なら =徒歩
これが通勤の常套手段
通勤と言っても歩けば7分 原付で5分
 
『ちょー待てよ!何で2分しか違わんねん』

じつは、ボクは競歩の選手
いえいえ、
くだらないことは抜きにして
雨の日はやはり歩いていく
パンツ・Tシャツ長袖×2・ズボン・厚めの上着
さあ、出かけよう 7:30a.m.
 
ドアを開けると細かい筋がパラパラと降ってるだけで
道には水溜りもない
中学生や高校生が余裕の顔をしてチャリで登校している
ボクは仕方なく家へ入り、
靴下とユニクロのビニール袋に入れていた靴を取り出し
それらを履いてまた 外へ出た

裸足

外で裸足の人を見かけたら
ほとんどの人は敬遠するだろう
きっとイカレテル、近づいたら ヤバイ
きっとボクもそんな風に見られている
でも、雨の日の裸足はなんだか 気持ちいい 
2006/04/09

アイノカタチ

cb5be444.JPG 季節の移ろいは人の心を掻き乱す
終わりの時期から始まりの時を向かえ
誰の心にも波紋が広がっている

 そう、ボクの心にも

ようやく完成したスツールを届けに向かった
忙しい時期注文をいただいたから
もうあれから2ヶ月が過ぎてしまった
受賞式からそんなに過ぎてしまったのかと思うほど
ボクの横を時が通過する
 
 『孫へのプレゼントに』
誕生日でも、何かの記念日というわけでもないが
カワイイので・・・

誰のために創ったわけでもないし
何を想って創ったわけでもない
でも、誰かが誰かのためにあのスツールを買ってくれる
有り難いことだ、ホントに

で、届けてすぐに柏屋のレストランで昼食を頂いた
春が来る
それは命の息吹
たらの芽、筍、桜餅
春の三大好物
桜餅もたらの芽ももうなかったけど季節の昼食を頂いた
相変わらず、顔のひろい方だ
誰かが通ると挨拶をしていらっしゃる

年齢差・・およそ40歳

今から40年前はどんな時代だったんだろうか・・・・
他愛もない事を考えていた

隣の、元蔵で藍染展が開催されていた
そう、先生だから
この辺じゃみんな知ってる
何がそうさせたんだろう・・なんて運命の悪戯に感謝したい

藍について少しわかった
藍染について深さを知った
自然と向き合う難しさと愉しさ
心と自然との格闘が作品に光を宿す
薄いアイの色、深いアイの色
生きている限り人にも色が増えている
限りなく白に近いべずみ色、或いは黒に近い白なのか
今なら桜色がいいかな

二度と再現できない色

気温の変化、天候、湿度、産地 そしてそして
たとえ同じ場所で同じソファに座りあのコーヒーを飲んでも
きっとあのときの感情は二度と味わえない
だから・・いい色
思い出の色がある
それはDNAに含まれていた訳でもない
もっとリアルな感覚

切り抜かれたカタ
塗られた糊を避けるように重ねられるアイ
次第に深まっていく色
アイといっても現しきれない多くの色にしばし立ち止まった
弱いアイ、強いアイの色
それもやはりカタが違えば好きな色も嫌いに見える

なるほど、全ては連関す


ボクのスツールがまた飛んでいった
2006/04/02

いざ!

 ひとつの季節が終わり、新たな時代へと移り変わる
そしてひとつの年輪を継ぎ足すようにまた一人直走ろう

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。