家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/15

高台 桜

国産の桜材を木工ロクロで削りだした高台、お菓子用の高台として、また贈り物にも最適


国産の桜材で出来た高台、和菓子だけでなくケーキにも使える木の器、大と小、ともに桜材


国産の桜を木工ロクロで削りだした高台大の裏側、無垢の桜がしっくり馴染むシンプルなデザインの木の器

昨年末に注文を受けていた木の器やお盆、お箸などの小物類を
家具の製造の合間をみて、何とか全て2008年中に終わらせることが出来ました

小物だからといって侮れないのが『小さいもの』です
正直細かい仕事が多いし、だから余計に時間が掛かる
かといって、手間ひまかけた分の金額になるかというと・・・

昨年はオーダーメイドのお箸を創るようになり、ありがたい事に其々の方の手にフィットすると
感謝のメールを頂き
、ボクにとっては大きな挑戦が形のあるものになってきました

そしてまた、木工ロクロの修行をさせていただいたおかげで木の器を創る事が出来
またそれを注文として受け創らせていただきました

本日無事にご注文いただいていた高台と木の器を納品することが出来ました

K様は木が大好きな方で、何十年も古い家具を今尚大切に使っていらっしゃいます
曰く、『都会に住んでいても木の家具があると落ち着くし、やっぱりずっと使い続けることが出来
また、大いなる愛着がわいてきて一緒に生活しているのが愉しい』
ボクらにはとても嬉しい言葉で、
またその想いを大切にしたいなと思いました

今回の木の器の製作に関しても、材料を国産の桜と指定していただきましたが
あとは全てお任せ!

ロクロに向かって、ただK様の家の雰囲気や生活を勝手に想像しながら
木ままに削らせていただいたのが上の写真
少々、厚みがあるかな?とは思っていましたが、逆にそれが良かったようで
今日お会いして見ていただくと
『エエわ!丁度やわ!』

納品のたびにホッとしててはいけませんが、非常にありがたいお言葉でした

色んな場面で使えると、ご満悦ながらたくさんのお皿を手にお帰りになられました


色々と勉強させていただきました、ありがとうゴザイマス
スポンサーサイト
2008/12/17

木の器のデザイン

木の器・デザイン<p>家具だけでなく木の器もオーダーメイドで製作中</p>

デザインをされる方、デザインの仕事をされている方はたくさんいらっしゃいますが、
みなさんどのように、どんなところでデザインを考えていらっしゃるんでしょう?

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀で茂木さんもいろいろ解説されてますが
結構、お風呂やトイレって何か、ふと・・アイデアが浮かんできたりしますね
家具創りをしますから、もちろんデザインとは言わないまでも
こんなカタチにしよう、ここはこんな仕口にしようなんてことは考えます
手書きの図面ではなく、やはりここのところずっとCADですね

本当は朝のほうがいいんでしょうけど、やっぱり暗い夜の方がいろんな事が浮かんでくる
そして、、、寝不足に陥る(寝坊の習慣がついてしまう)

家具を考えるときは、どちらかというとパソコンに向かってや紙に向かって考えますが
木の器を創るときは、絶対といっていいほど、ロクロで木を削っているときです

まだまだ、まだまだ修行中ではありますが木の器のオーダーも結構あります
オーダーメイドの器ですが・・・漠然と
『お椀が欲しい』とか『これくらいの大きさのお皿が欲しい』なんて・・・漠然と

材料や寸法をお伺いして;:;、後はお任せーーーー!
????

そんな時、いくらパソコンと睨めっこしたって、絵で描いたところで浮かんできません
木の器を創るときは、材料をロクロにセットして・・・削りながら
考えることなく、何かに任せてカタチを創っていきます

木の種類とか、質感とか、とか・・それを感じて削っていくと何かカタチが出来る

しかし・・・今日はちょっと苦戦しました
納期前の家具や材料で工房内は一杯一杯
そんな環境でしてるからでしょうか?
北海道産の真桜を目の前に・・・・どうしよう、と考えながら削っていました

ん・・・、
そんなときはやっぱり使う人をイメージするしかないですね
美容師さんがその人をみてカットデザインを決めるように
使う人の生活をイメージしながら削っていると、結構イケルもんですね

木の器・デザイン <p>オーダーメイドの木の器をロクロで削りながらデザインする</p>

もうすぐ年末、家具木の器も納期が迫ってきました
スピード上げて、無事納品完了を目指します


2008/09/28

木の造形 ビーチ

木工ロクロ・ビーチ材のお話です

木の造形

今日はホント良い天気でしたね
青空がきれいで暑すぎず、気持ちの良い秋の気配が漂っていました

仕事が忙しくなってきて少しブログに 間 があいてしまいました

今回は家具屋さんからの依頼です

幼稚園の窓に取り付けるということですが
カタチと大きさがそこそこあるので、なかなか他ではできないから・・・という依頼を、
あっさり快諾してしまいました

木の造形 1

なかなかどこも引き受けてくれないのに・・・と後で考えてしまったのですが
受けたからにはやるしかない
大変そうではありましたが、面白そうなので挑戦させていただきました

大きさは23センチとしたが15センチの円錐を切ったような形
高さが23.5センチと、小型の鉢植えのような感じでしょうか?

これを木工ロクロでまわしました
なかなかご存知のない方にはわかりにくいですが
陶芸のロクロのように回転する機械です
そこに木のブロックをはめて、鋼の棒を叩いて作った刃物で削りだしていきます

23センチ角のブロックがビュンビュン回るわけで・・・
結構危険な作業です

木の造形 2

今回これを5個製作しましたが、もう手はパンパン
まだ痺れがのこってますが・・・
今日納品でき、先方も大変喜んでいただけるような満足なできでした

いい経験をさせていただきました
ありがとうございます

木の造形 3

そして、、、、
大量の木屑が出てしまったわけですが・・・
近所の農家の方にお譲りして、畑にまいていただき土壌改良に役立てていただきます

もちろん、木屑はゴミではないので自然に還していきます
2008/06/06

試行錯誤

595b6017.jpg

簡単そうに見せるのが職人
初めて木工ロクロを教わった時
木の器って簡単に出来るもんや、と
勘違いさせられた

1ヶ月ほどいさせてもらって
およそ2週間くらい削ってた
おおよそ何でも出来ると勘違いして
ロクロを買った

一人になってみて
1からそろえて、台を作って
1から材料を削っていくと
ようやく今になって、かなりの勘違いをしていたとわかった
1つを作る度に
難しさが体を打つ

大変なお買い物をしたんだと

しかし、戻るわけにもいかないし
戻るつもりもない
前にしか向かえないんだから・・
2008/02/29

ヤキ

83a94e32.jpg
やきをいれる

いつごろ覚えたのか知らないが
誰でも知っているあまりよくない言葉

道具続きですが
今日、刃物を叩いて焼をいれ
新しい道具作りを教えて頂いた

職人の道に入っただけあって
その作業を写真に収める気にはなれませんでしたが
丸い金属棒を炎に突っ込み
トンカチで叩き、叩き、
ひたすら叩いて形を形成していく
削って、出来たところへ
焼いた刃物を、ジュ!
と一発いれて、刃物に気合をいれて強くする

なるほど
これを出来るようになれば
職人としてホント、愉しいぞ

そんなボクは、ただの傍観者です
次へ>>

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。