家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/05

インドの子・セルバラート

セルバラート

バタバタとした日常を言い訳にしてはいけないけど
しばらく放置してあった郵便物
定期的にチャイルドから送られてくる手紙を開封した

セルバラートへの支援を始めてもう2年弱
友人に教えてもらって即行world visionのホームページを開いて
迷うことなく選んだ国、インド

10年来悩んでいた事が実現されそうな予感に、即支援を始めた

始めた頃のセルバラートは10歳
もっともっと子供ぽかったけど、いまでは大人への顔が伺える

彼はインドの南部・パラニ地区に両親と一緒に住んでいて
家では掃除や水汲み、兄弟の世話もしているようです
将来はエンジニアになりたい・・・(家具職人にはならないかニコ×2
セルバラートは学校の授業は大好きなようで
理数系は得意だけど、特に英語が得意で大好きなようです

このパラニ地区の支援が始まって、町に井戸が掘られ
健康管理も行き届いてきたようで衛生面の改善が図られました
そして、彼にとって最も良かったのは、 【毎日学校で授業が受けられる】ようになった

ボクも含め、学校で授業を受けられることに感謝する方が一体どれだけいるでしょう?
彼、彼らにとって学校での授業というのは
知らない世界に触れることであり、自らの可能性を伸ばすことのできる大切な居所なんですね


このパラニ地区の支援はあと2年で一応の終止符を向かえ
その後は彼らが独自に成長していくこととなります
あと2年、
この支援が終わるまでに何とかインドへ行って
セルバラートに会って、彼らの生活をみたいです
必ず、行こう!!!!
スポンサーサイト
2008/06/02

子供からの手紙

2ヶ月前に作ったポストも雨にうたれ
塗装がはがれてきてしまった
なんとも切ない

どうしようかと眺めていると
茶色いポストのわずかな隙間から白い紙がのぞいている
いつもの請求書かと取り出してみると
【World Vision】と書いてある

忘れていたが、ボクのチャイルドから誕生日のお礼の手紙だ
テンションが上がる

チャイルドとは言え残念ながらボクの本当の子供ではなく
毎月支援をしているインドの息子からのお手紙だ
ヒンドゥー語と英語訳と日本語訳が丁寧に添えられ
彼の直筆を見ながら、英語訳を読んでいる

この前の誕生日には
手紙と、前の会社で作ったボクの作品のポストカードを2通
いつも時間がなくて悪いな~と思いながら簡単に済ませてしまったが
こういう手紙をもらうと、やっぱメチャ嬉しい

この支援を始めてまだ2年弱
なかなか彼の成長を見届けることが出来ないので寂しいが
大学のときにアジアで助けてあげられなかった子供達のことを
思いながら、ボクはWorld Visionに参加している
いずれ、インドへ会いに行く予定だけど、
それまで、Saruguru 元気に勉強と遊びを両立して
両親を助けてあげろよ!

なんて、親の気分です・・・

d6f0f76d.jpg

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。