家具と木と地球と    

大切な人々と繋がっていきたい
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/26

木のkitchen

h of ab

最近の流行は

木の家 + 木のキッチン

ナチュラル回帰、脱化学物質?

お子さんの反応はホントストレート
落ち着きがない子供が増えているというけれど
実は、化学物質のせいではないかとも言われてます

ボクは大型家具店に行ったり、新しい店舗に行くと
口の中が苦くなったり、目眩がしたり
ちょっと過敏ですが
子供達は、実は、もっと敏感ですよね

h of ab2

家のクロス、構造材、建材と言われる材料には
石油系の接着剤やら・・・
まあ、人のことは別にして

木をたくさん使った家に住みたいという若いご夫婦の要望を受けて
アトリエボンドさんでは、木を活かした家の設計をされています
単に木を使うだけではなく、木の特性を知って、活かす

適材適所を知らなければ、木の家も住みにくい家になってしまいます

特に最近、少々お金のことは気にせずに
自分たちの理想を実現した家、自然素材を使った家を建てたい方がいらっしゃいますよ

このお家の施主も、キッチンを木に

h of ab3

h of ab4

まだまだ途中経過ですが

この後の経過はこちらでご確認くださいね

こだわりのお家を建てたい方は ⇨ こちら
一度お問い合わせしてみては、いかがでしょう!
スポンサーサイト
2011/07/18

厨子

zushi04.jpg

使い方にはその人の理論があるような気がする
法則とでもいうのだろうか

右にあるのと左にあるの
机の抽き出しは、右利きのボクでさえ左にあった方がいいのに
右手優先の人はやはり右手で抽き出したいらしい

余った左手を使うことが無駄のない動作のように思うけど
それは個人の考え方に過ぎない

オーダーメイドの家具は、cilentとのそんなやり取りがまた
楽しい

CABINETMAKER bondでは珍しい品

「 厨子 」

仏像・仏舎利・教典・位牌などを中に安置する仏具の一種
ま、伝統工芸専攻ではないんですが
全国津々浦々ある仏具屋さんそっちのけで選んで頂きました
感謝です

zushi03.jpg

まだまだ日常的にないもの
自分の生活の中に見受けられないものというのは
頭の中のimageだけでは計りきれないわけですが
扉を開けたその中と、安置されるもの、そしてその手前に置かれるもの
それらのバランスがどのようになるのか

スライドさせる板はどんなときにどのような目的で
どんな類いの、色のものがのせられるのだろう・・・
情報量が少ないとなおさら考えざるを得ない訳ですが

このような厨子を置く方といえば、明らかにボクより年上の方
まして時とともに、細かい動作が難しくなってくることを考慮し
引出しやすいように引き手を配慮
引出した時には少し大きいように見えますが
これも境界を区別する上で認知しやすいように

zushi02.jpg
zushi01.jpg
zushi.jpg

今回、こちらは桂を使用
扉にぶらりはついてませんが
ほぼ完成

300*250*H440とあまり大きいものではありませんが
小さいものもなかなか手間がかかります
扉の留(45°の接合)も上手くいったので良かった

初めての、オーダーメイド厨子でした


==========================================================
京都から世界へ
Brand Of Nippon Design  CABINETMAKER bond

シンプルな家具/カッコいい家具
国産材も豊富に取り揃え、皆さんのオリジナル家具をお創りいたします
お問い合わせは・・・→ info@c-bond.net

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

建築/デザインに関するお仕事
設計事務所 atelier bond

お問い合わせは・・・→ atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp

2010/10/10

タモ 食器棚

タモの素材感を大切にしたシンプルな食器棚の完成です

クライアントのご自宅も木を多く使ったお家で
内装もシンプルなデザインで仕上げられています

その空間にふさわしい、【木】が主張する食器棚というコンセプトで
つくらせて頂きました


CABINETMAKER bondのHPで見るものとは若干テイストが違うように
感じられる方もいらっしゃいますが
このような素材感のあるシンプルな家具も
オーダーメイドではつくらせて頂いておりますのでご安心を

材料はもちろん国産材でこだわってます

かっての日本がそうであったように、
中国が世界中の木材を買い集めているので、外国産の木のグレードが
非常に悪くなってきてます

それでいて、価格はかなりの強気


ボクはどんな世界情勢であれ、国産材をお勧めしますけどね


ホントにつくらせて頂いてよかったなと、喜んで頂けました


shokki tana4

shokki tana2
今回は棚の調整を多くしたいというご要望で棚ダボレールを使用していますので
様々な収納に対応することができます
shokki tana3
扉の敷居には竹製のレールを仕込んであるので扉の動きもスムーズ

shokki tana

家具をご覧になられたクライアントは
『やはり市販のもととは違うよね・・・』
とお褒めいただきました
ありがとうございます

size : 1410*350*h915

material : タモ(北海道)

oil finish



///////////////////////////////////////////////
               

CABINETMAKER bond
オーダーメイド、デザイン家具の制作販売
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
075-332-7335


atelier bond (住宅・店舗のデザイン、リノベーション)
京都府向日市寺戸町新田3
075-922-0527
http://abond.exblog.jp/

2010/10/05

タモの食器棚

久しぶりのタモ材

こちらは北海道のタモです

木目も色もロシアや中国材と比較するととても上品
土壌の違いでしょうか

輸入材は結構灰色にくすんでるんですよね

オイルフィニッシュですが、きれいな仕上がりになりました

きれいに仕上がると、創ったボクも気持ちがいいんですよね

タモ食器棚


ちなみにこちらのタモは

北海道足寄→静岡→京都なのでおよそ1098kmの旅をしてきました

国内でもおよそこれだけの距離を移動するんですよね
2010/09/22

タモの家具

箱もの 1

今日はとても暑かった↓↓

それにしても、こう大きいと頭を抱えてしまうことが・・・

どうやって組み立てよう
どうやって動かそう
どうやって運び出そう・・・

小さすぎても困るけど、大きすぎても困ってしまう
箱もの

と・・・こんな感じで佇んでる

ボクが2人ゆうに入れる大きさ

手が届かないのは辛いけど、もうすぐ完成予定

後は・・・搬入か・・・


(写真だとあんまし大きく見えないけど、高さは1メートル80、間口は75センチ、重さは・・
完成したら50kgくらいかな〕



///////////////////////////////////////////////
               

CABINETMAKER bond
オーダーメイド、デザイン家具の制作販売
京都市西京区大原野上里北ノ町1229-3
075-332-7335


atelier bond (住宅・店舗のデザイン、リノベーション)
京都府向日市寺戸町新田3
075-922-0527
http://abond.exblog.jp/
次へ>>

■  プロフィール

tomyakur

Author:tomyakur
日本人の器用さと繊細さに美を感じ
日本人でよかったと思う
そんな日本人の誇りを胸に
CABINETMAKER bondを立ち上げ
京都市で活動中

家具作りを通して地球について
みんなと考えていきたい


CABINETMAKER bond

商品のお問い合わせに関しては
info@c-bond.net
どうぞお待ちしてます

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  カテゴリー

■  リンク

■  月別アーカイブ

■  QRコード

QR

■  ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

■  FC2おすすめ

■  FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■  スポンサードリンク

■  ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。